「Yahoo! MAP」の防犯マップ機能がリニューアル

ヤフー株式会社は、スマートフォン用アプリ「Yahoo! MAP」のiOS版で「防犯マップ」機能をリニューアルした。この「防犯マップ」は、日々の暮らしの安全に関わる情報を地図上に表示する機能。大きなニュースにはなりにくい身近な場所で発生する不審者情報(情報提供元は日本不審者情報センター)を、地図と詳細情報で確認できる。

「防犯マップ」は、2018年3月にiOS版、6月にAndroid版で提供が開始された機能だ。帰宅途中の子どもへの“声かけ”や“つきまとい”、路上での“痴漢”や“ひったくり”など、身近な場所で起きていることを知ることができ、危険の回避に役立てられる。

今回のリニューアルでは、24時間以内に登録された不審者情報のアイコンが赤丸で囲まれ、すぐに分かるようになった。また、期間を絞り込んだり、「Yahoo! MAP」で“自宅”を登録して自宅付近の情報を簡単に確認できるようにもなっている。

「Yahoo! MAP」での「防犯マップ」の使い方は、まず右上の地図切り替えボタンをタップし、「安心・便利な地図情報」の項目の中から「防犯マップ」をタップ。地図を動かしたら「再読込」をタップし、各アイコンをタップすると“いつどんな事が起きたか”を確認できる。アイコンは、暴力行為/強盗/暴言・おどし/窃盗/わいせつ/盗撮・のぞき/不審者/動物逃走/その他と事案ごとに分けた9種類を用意。なお、今回のリニューアルは現在はiOS版のみに反映され、Android版のリニューアルは近日予定となっている(v6.21.0以降での対応)。

ヤフー株式会社
URL:https://map.yahoo.co.jp/promo/
2019/04/09