2019年秋に発売される「iPhone XI」あるいは「iPhone11」のデザインをイメージしたコンセプト動画が公開されました。iPhone SEのようなフラットなボディが特徴的です。

デザイナーが描いた「iPhone11」

名前が「iPhone XI」か「iPhone11」になると予想される、2019年秋のiPhoneをイメージした動画を、デザイナーのガンホー・リー氏が制作し、YouTubeチャンネルConceptsiPhoneが公開しました。
 

 
ガンホー・リー氏は、これまでにもiPhoneのコンセプト動画を数多く制作しており、最近では1月に「iPhone11」に関する噂やリーク情報をまとめたコンセプト動画を制作・公開して話題を集めました。

カメラの出っ張りもないフラットなデザインが特徴

動画に描かれている「iPhone11」は、iPhone SEのような、直線的でフラットなデザインが特徴のひとつです。
 

 
背面のトリプルカメラも、出っ張りのないフラットなデザインとなっています。
 

 
心臓部には、次世代のA13プロセッサが搭載されます。
 

 

デバイス間のワイヤレス給電は「PowerDrop」?

充電用にはUSB Type-C(USB-C)端子が装備されています。ただし、2019年のiPhoneには引き続きLightning端子が搭載されるとの報道もあります。
 

 
iPhoneの背面に貼り付けるだけでワイヤレス充電できる「Air Battery pack」も登場しています。
 

 
2019年のiPhoneに搭載されるとの噂の、iPhoneから他デバイスへのワイヤレス給電機能は「PowerDrop」という名前で描かれています。
 

 

iOS13ではiPhoneで画面分割のスプリットモードが利用可能に

iOS13では、先日Appleが発表した「Apple TV+」や「Apple Arcade」も使えます。
 

 
iOS13では、各種アプリの画面を、黒を基調としたダークモードに変更できるようになるとの情報もあります。
 

 
iPhoneの画面を上下2分割して2つのアプリが同時に使える「Split View」や、
 

 
Appleが特許を申請したことがわかった「水中撮影モード」が描かれています。
 

 

ディスプレイ埋め込み式の指紋センサーも搭載!

顔認証は、2018年のiPad Proと同様、本体が横向きでも認証可能になっています。
 

 
そして顔認証に加えて、指紋認証センサーがディスプレイに埋め込まれています。
 

 

iPhone XRの後継機種「iPhone11R」も登場

動画には、鮮やかなカラーバリエーションが魅力のiPhone XRの後継機種、「iPhone11R」も登場しています。
 

 
「iPhone11R」も、直線的でフラットなデザインが特徴です。
 

 
ガンホー・リー氏によるコンセプト動画はこちらでご覧ください。
 

 
 
Source:ConceptsiPhone/YouTube
(hato)