娘に性的虐待で無罪の父「抵抗可能」と判断された理由

ざっくり言うと

  • 娘との準強制性交の罪に問われた父親の裁判で、無罪判決が言い渡された
  • 地裁は「被害者が抵抗不能な状態だったと認定することはできない」と判断
  • 抵抗を続けて拒んだり、弟らの協力で回避したりした経験もあったと指摘した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング