「一強」という声も聞こえてくる今年の3歳牡馬クラシック戦線。

「一強」とは、無論サートゥルナーリアのことだ。

 ここまで3戦3勝。しかも、3戦とも鞭を一度も使うことなく、いわゆる”ノーステッキ”での楽勝だった。

 とりわけ、印象に残るのは、昨年暮れのGIホープフルS(12月28日/中山・芝2000m)。直線に入って前が壁になり、出るに出られない状況を迎えた瞬間、誰もが「危うし!」と思ったはずだ。しかし、サートゥルナーリアは馬と馬の間にできたわずかな隙間を見つけるや、一瞬にして馬群を割って、”異次元の脚”で突き抜けていった。


GIホープフルSを快勝したサートゥルナーリア(左)

 クラシックを勝つ馬は、とても届きそうにないところから跳んでくるとか、どこか常識外と思えるような強さを見せる――そんな話を以前、あるジョッキーから聞いたことがある。

 臨戦過程で、そういうミラクルな勝ち方をした馬こそ、クラシックホースにふさわしい、というわけだが、サートゥルナーリアのホープフルSでのパフォーマンスは、まさにその言葉に適うものだ。

 さらに、GI2勝のエピファネイア、GI朝日杯フューチュリティSを制した2歳王者リオンディーズを兄に持ち、血統的な背景も申し分ない。

 実績、血統ともに文句なし。そのうえ、同馬を管理するのは、関西の名門・角居勝彦厩舎だ。ゆえに、関西競馬専門紙記者もサートゥルナーリアには一目置いて、こう語る。

「同厩舎は2頭の兄も、母シーザリオも管理していました。つまり、この血統のいいところも、悪いところも知り尽くしています。そして、そのノウハウをすべてこの馬につぎ込んで、兄たちが果たせなかったクラシック制覇を、と意気込んでいます。その点も、サートゥルナーリアにとっては心強い限りでしょう」

「一強」は、もはや誇大でも、過大評価でもない。今年の牡馬クラシックは、サートゥルナーリアが一枚抜けた存在で、他の馬がそれに挑む、という勢力図が見えてくる。

 ただ、磐石に見える「一強」にも、ひとつだけ、不安がある。

 クラシック第1弾の皐月賞(4月14日/中山・芝2000m)が、年末のホープフルS以来の、ぶっつけになるということだ。

 思い出すのは、一昨年。のちのダービー馬レイデオロが、今回のサートゥルナーリアと同じローテーションで皐月賞に挑んだが、結果は5着に終わった。要するに、競馬界最高峰の舞台となる日本ダービー(東京・芝2400m)を勝つほどの能力がある馬でも、このいわば”常識外”のローテーションを克服することができなかったわけだ。

 とはいえ、レイデオロの場合は、ホープフルS後に体調面などの問題があって、このローテーションにせざるを得なかった。そのため、皐月賞では5番人気にとどまった。

 そこは、早々にこのローテーションを選択したサートゥルナーリアとは違う。したがって、今度の皐月賞でも断然の人気が予想されている。

 振り返れば、昨年の桜花賞、異例のローテーションで臨んだアーモンドアイが驚異的な強さを見せて戴冠を果たした。今や、間隔が開いたぶっつけのGI挑戦にも不安がないほど、調整過程にも進歩が見られるのだろう。

 それを裏付けるように、近年では牡馬路線でも、前哨戦となるGII弥生賞(中山・芝2000m)、GIIスプリングS(中山・芝1800m)を使って皐月賞へという、いわゆる”王道のローテーション”が大きく崩れつつある。この点に関して、先述の専門紙記者はこう説明する。

「”王道ローテ”の崩壊は、今年がいい例です。弥生賞(3月3日)、スプリングS(3月17日)はともに、出走メンバーのレベルがあまり高くありませんでした。『春はもっと余裕を持ったローテーションで戦いたい』という考えが、有力馬の陣営にあって、実際に調教技術の進歩がそれを可能にしています。今はむしろ、牡馬なら2月中旬に行なわれるGIII共同通信杯(東京・芝1800m)から皐月賞へ、というのが『いい』と考える調教師が増えつつあるようです」

 以前には、厳然してあった”王道ローテ”が崩壊。それが、今の競馬だという。ならば、昨年の暮れ以来のぶっつけも、以前ほど”非常識”ではないのかもしれない。

 そうは言っても、体調面より、レース勘という意味で、年明けにまったくレースを使わないよりは、皐月賞の前に何かしらレースを使ったほうがいいのは明らか。だからこそ、過去78回を数える皐月賞の歴史の中でも、年明け初戦でこのレースを勝った馬は1頭もいないのだ。

 そうした事実があっても、サートゥルナーリアはホープフルSで中山を、同時に関西からの長距離輸送も経験したことで、陣営は「これ以上の経験は必要ない」として、ぶっつけのローテーションを選んだとされる。

 だが、本音はどうだろうか。「おそらく……」と前置きしたうえで、先の専門紙記者がこんな裏事情を明かしてくれた。

「一昨年は、レイデオロが皐月賞5着からダービーを制覇。昨年はワグネリアンが皐月賞7着からダービーを勝ちました。近年、皐月賞の価値が低下していて、何が何でも勝たなければいけないレースではなくなっているんですね。それで、昨年も、一昨年も、そもそもダービーを狙っていた馬が、皐月賞をトライアルのように使って、まんまと結果を出しました。

 サートゥルナーリアも、同じだと思いますよ。(クラシックで)勝ちたいのは、あくまでもダービー。皐月賞はそのための叩き台であって、(陣営は)勝てなくても仕方がないと思っているのではないでしょうか。その意思の表れが、皐月賞にぶっつけで臨むローテーション、と見ています。

 そういう意味では、皐月賞のサートゥルナーリアは危ない。少なくとも『一強』というほど、抜けた存在ではありません」

 確かにここ2年、ダービー狙いの馬は皐月賞で惨敗したあと、本命の大一番で結果を出している。それが、ある種のトレンドであるとすれば、ダービーを最大目標に据えるサートゥルナーリアが、レイデオロらと同じ轍を踏んだとしてもおかしくない。

 それとも、サートゥルナーリアは、そんな計算や予測をも超えてしまうほどの大物なのか。

 注目の一戦まで、まもなくである。