6日、阪神競馬場で行われた6R・3歳500万下(芝1600m)で3番人気、武豊騎乗、ゴータイミング(牡3・栗東・松永幹夫)が快勝した。1/2馬身差の2着に2番人気のオースミカテドラル(牡3・栗東・高橋亮)、3着にトロイメント(牝3・栗東・西浦勝一)が入った。勝ちタイムは1:35.6(良)。

1番人気で岩田康誠騎乗、キングオブコージ(牡3・栗東・安田翔伍)は、8着敗退。なお、5番のカリボールは競走除外となっている。

【桜花賞】グランアレグリア 藤沢和師「素晴らしい能力の持ち主」

ディープインパクト×サラフィナ

母に仏オークスなどを制したサラフィナを持つゴータイミングが2勝目を飾った。好スタートを決めるもじっくりと中団から。直線でも大外から鋭い末脚を発揮して差し切りを決めた。ゴータイミングはタレントの木梨憲武さんが命名したとデビュー前に話題となっていた。

ゴータイミング 4戦2勝
(牡3・栗東・松永幹夫)
父:ディープインパクト
母:サラフィナ
母父:Refuse To Bend
馬主:キーファーズ
生産者:社台ファーム