グランアレグリア

写真拡大 (全2枚)

4月7日(日)阪神競馬場で行われる、桜花賞(G1・3歳オープン・牝・芝1600m)の枠順は下記の通り。

グランアレグリアは4枠8番と絶好の枠に入った。名手・ルメールなら朝日杯と同じ轍を踏むはずもなく、先行から後ろを待たずに早め早めのスピードを生かした競馬で押し切りという場面が見られるかもしれない。ヨーイドンは向いていない印象で後続に如何に脚を使わせるかがポイントになりそうだ。

対象的な競馬をしそうなのはクロノジェネシス。じっくりほぼ最後方から瞬発力を生かして一気にかわす競馬が一番合っていそうだ。先週初G1制覇を果たした北村友一が勢いに乗って2週連続G1制覇なんて場面も。

そして真ん中のポジションで競馬を進めそうなのは人気を分けるダノンファンタジー。チューリップ賞は厳しい所から抜け出してきて、強さ際立ったレースだった。外めの枠に入ったが、ゆったり内の動きを見ながら良きポジションでという競馬だろう。

人気の一角、シェーングランツは最内枠に入ってしまった。阪神JFの時の鞍上の談話を振り返ると、「外に出したかった」とコメントしており、器用な脚を使うタイプでというより、外からエンジンをかけて行く大味な競馬が向いている印象。道中のどこで外に出せるのかがポイントになりそうだ。

いずれにせよ、グランアレグリアを目掛けた各馬の競馬になりそうで、ペース次第でどれが来てもおかしくはない。発走は日曜15時40分。

武豊 シェーングランツは最内枠に

シェーングランツ

1-1
シェーングランツ
牝3・55.0・武豊
藤沢和雄

1-2
エールヴォア
牝3・55.0・松山弘平
橋口慎介

2-3
ノーブルスコア
牝3・55.0・岩田康誠
藤原英昭

2-4
クロノジェネシス
牝3・55.0・北村友一
斉藤崇史

3-5
ルガールカルム
牝3・55.0・三浦皇成
田村康仁

3-6
ホウオウカトリーヌ
牝3・55.0・大野拓弥
栗田徹

4-7
アウィルアウェイ
牝3・55.0・石橋脩
高野友和

4-8
グランアレグリア
牝3・55.0・C.ルメール
藤沢和雄

5-9
アクアミラビリス
牝3・55.0・M.デムーロ
吉村圭司

5-10
フィリアプーラ
牝3・55.0・丸山元気
菊沢隆徳

6-11
メイショウケイメイ
牝3・55.0・古川吉洋
南井克巳

6-12
ノーワン
牝3・55.0・坂井瑠星
笹田和秀

7-13
ジュランビル
牝3・55.0・松若風馬
寺島良

7-14
ビーチサンバ
牝3・55.0・福永祐一
友道康夫

7-15
ダノンファンタジー
牝3・55.0・川田将雅
中内田充正

8-16
シゲルピンクダイヤ
牝3・55.0・和田竜二
渡辺薫彦

8-17
レッドアステル
牝3・55.0・戸崎圭太
国枝栄

8-18
プールヴィル
牝3・55.0・秋山真一郎
庄野靖志