日本代表は4月4日発表のFIFAランクで順位をひとつ上げて26位に。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 4月5日、日本サッカー協会(JFA)は6月5日に豊田スタジアムで開催されるキリンチャレンジカップ2019の対戦相手がトリニダード・トバゴ代表に決定したと発表した。
 
 トリニダード・トバゴは、カリブ海に位置する島国で、代表チームのFIFAランクは93位。W杯では2006年のドイツ大会に初出場を果たし、グループリーグでスウェーデンに引き分け、イングランド代表とも好勝負を演じるなど、激闘を繰り広げた。
 
 日本代表とは2006年の8月に親善試合で一度対戦しており、日本が2−0で勝利している。

 トリニダード・トバゴ戦に続き、6月9日(ひとめぼれスタジアム宮城)にも親善試合が予定されているが、現時点で対戦相手は未定。一方、6月中旬から始まるコパ・アメリカでは、グループリーグでチリ、ウルグアイ、エクアドルとの対戦が決まっている。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部