40代で年収800万円から生活保護に転落 男性の過酷な現実とは

ざっくり言うと

  • 建築系の職場で働いていた男性は40歳で独立し、年収は800万円に到達した
  • しかし責任や業務量は急激に増え、激務で休むこともできず3年後に失踪
  • 貯金も底をついて生活保護を申請し、今は駐輪場勤務で年収240万円程だそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング