©テレビ朝日

写真拡大 (全3枚)

4月5日(金)、リリー・フランキー主演のドラマスペシャル『離婚なふたり』前編が放送される

©テレビ朝日

カンヌ受賞後初のドラマ出演となるリリー・フランキーと、『桐島、部活やめるってよ』(2013年)などの話題映画を手掛けた吉田大八監督がタッグを組んだ今作。共演には小林聡美、岡田将生らを迎え、日本映画界を牽引する才能が集結したスペシャルドラマとなっている。

ストーリーは、リリー・フランキー扮する“理想の夫婦”を描かせたらナンバーワンといわれる売れっ子脚本家・野田隆介が、23年間連れ添った妻・今日子(小林聡美)から突然離婚を切り出されるというもの。

アットホームな夫婦像で、“ホームドラマの名手”と呼ばれる人気脚本家に襲いかかったのは、皮肉にも“熟年離婚”の危機だった…? ちょっぴりおかしくてやっぱり切ない、夫婦の愛の物語を2週連続で送る。

◆前編あらすじ

©テレビ朝日

野田隆介(リリー・フランキー)は、理想の夫婦を描いたらナンバーワンといわれる、売れっ子脚本家。

ところが、新たなホームドラマを執筆中、23年間連れ添ってきた妻の今日子(小林聡美)から突然、「私と離婚してください」と切り出されて、全く仕事が手につかない…。

今日子が空気のように存在しているのが当たり前だった隆介にとって、その言葉を受け入れることが出来ない。

そんななか、スタート直前、新作ドラマの主演男優が離婚するというスキャンダルが浮上。

ドラマのイメージを回復するため、プロデューサーの東山英治(中村有志)から、夫が妻に感謝を贈る賞“サンクス・ワイフ・ギビング”の大賞受賞者として登壇してほしいと頼まれてしまい…!?

一方、今日子は友人・平山真紀(渡辺真起子)の紹介で、弁護士・堂島正義(岡田将生)と会う。今日子もまた、自分から離婚を切り出したものの、そこに理由らしい理由がないことに困惑して…。