日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告は、4日早朝(2019年4月)に会社法違反(特別背任)容疑で東京地検特捜部に4度目の逮捕をされた。「CEOリザーブ」と呼ばれていた機密費から、日産子会社を通じて中東オマーンの友人が経営する販売代理店に約5億6000万円を不正に支出し、日産に損害を与えた疑い。

ゴーンはきのう3日、自らツイッターのカウントを開設し、「何が起きているか真実をお話しする準備をしている。11日木曜日に記者会見をします」と発信していた。それだけに、会見封じとも取られかねない逮捕だった。

司会の小倉智昭「驚きましたね」

伊藤利尋キャスター「検察側がゴーン被告の発信に神経質になっている面があるのでしょうか」