横浜流星が「いい部屋ネット」新CMに出演!

写真拡大

ドラマ「初めて恋をした日に読む話」(TBS系)の“ゆりゆり”役でブレークした俳優・横浜流星が出演する大東建託「いい部屋ネット」新CMシリーズが4月3日から全国で放映される。「いい部屋みつけた!」という横浜のさわやかな表情と黒髪も印象的なCMだ。

【写真を見る】「好きなだけじゃ、ダメなのか…?」ゆりゆりの美しすぎる涙をプレーバック!

■ 決め手は“ベランダから見えた海”

今回放映開始する新シリーズTVCM「ボクの(わたしの)いい部屋、みつけた!」篇から、佐藤二朗と伊藤沙莉、そして横浜が新キャラクターに。佐藤がルームアドバイザーに扮し、横浜が「ボクのいい部屋、みつけた!」篇で、伊藤が「わたしのいい部屋、みつけた!」篇で自分にぴったりの部屋探しをする若者を演じる。

横浜出演の「ボクの―」篇ではベランダから小さく見えた海が、そして伊藤出演の「わたしの―」篇では料理しやすそうなキッチンがお部屋選びの“決め手”に。いい部屋を見つけた幸せな瞬間が切り取られている。

2人がそれぞれ“いい部屋”を見つけた瞬間には、海のある街で過ごした記憶や料理が大好きな気持ちが呼び起こされ、自然と笑顔に。そこに、お部屋探しに寄り添うアドバイザーのやさしさが垣間見える――.。そんな、新生活がスタートするこの時期にぴったりのCMに仕上がった。

■ 写真集も大ヒット中!“ゆりゆり”でブレーク

「ボクのいい部屋、見つけた」篇に出演する横浜は、1月期に放送されたドラマ“はじこい”のピンク髪の不良少年・由利匡平役でブレーク。東京大学受験に全力でトライする姿や、主人公の塾講師・春見順子(深田恭子)とのピュアな恋模様が視聴者をキュンキュンさせた。

ドラマが最終回を迎えると、SNSでは“ゆりゆりロス”の言葉が飛び交う人気ぶり。3月12日に発売された写真集「流麗」はすでに4刷という大ヒットを記録している。

横浜のCM出演が解禁されると、さっそくファンから「流星くんCMキター!!」「めちゃ楽しみ!」「ゆりゆりの時とは違うナチュラルな表情」といった声が上がるなど、注目を集めている。

“はじこい”最終回でみごと東大合格を決めた匡平。順子とも結ばれ、春からは東大生として新たな生活をスタートさせているはず。「いい部屋ネット」新CMは、そんなドラマ内容ともどこかリンクする。

新CM放映開始と同じ4月3日からは、動画配信サイト・Paraviで「初めて恋をした日に読む物語」Paraviオリジナルディレクターズカット版の配信もスタートする。“無敵ピンク”のゆりゆりから一転、新CMで黒髪の横浜が見せるさわやかな表情にも注目だ。(ザテレビジョン)