沖縄水産vs普天間

写真拡大

憎らしいほど強かった、あの昭和の“沖水”が帰ってきた横綱野球 沖縄水産・田場友依登

 初回、沖縄水産は2つの四球を選び一・二塁からワイルドピッチで進塁。その後内野ゴロで1点を加えると、6番友寄 力斗の内野安打タイムリーで2点を挙げた。追う普天間も1,2回戦と会心のゲーム運びをしてきただけあって必死にくらいつく。1回裏、死球とヒットで一死一・二塁として4番比嘉開成が期待に応えるタイムリー二塁打。続く奥間大河の当たりも相手のエラーを誘いすぐさま同点に追い付いた。

 この攻防はまだ続く。2回表、沖縄水産は満塁から一塁後方へのファールフライを相手のセカンドが捕球するシーンで三走がタッチアップして得点するとその裏、普天間は二死からトップの三家本凱士がセンター前ヒットで出塁。ワイルドピッチで二進すると、今度は見事な三盗を決める。ここで2番大城圭汰がレフト前へタイムリーを放ち再び同点に追い付いた。

 ともに3回はゼロで終わったが4回、今度は普天間が魅せる。一死二塁から9番浜元魁吾がセンター前ヒットで繋ぐとトップに返り三家本。頼れるリードオフマンがきっちりと犠牲フライを上げ1点をリード。秋の王者、横綱沖縄水産を向こうに回しながら、序盤は普天間の健闘が光るゲーム。しかしここから力の差をまざまざと見せつけられた。

 5回、沖縄水産はエラーとワイルドピッチで2点を返す。そして6回、無死満塁から3番真栄城 徳二郎がセンター奥を襲う2点タイムリー二塁打。4番三木 健正の内野ゴロで1点を返すと5番瀬長 宙が犠飛を上げる。二死無走者となったが6番友寄に二塁打が飛び出す。続く田場友依登がセンター前に運び大量5点を奪い、普天間の戦意を喪失させた。8回には1番平安 常人の2点タイムリー三塁打が出るなど、終わってみれば10点差。上原 一帆こそ終盤の2イニングで登板したが、試合がほぼ決まった展開。主力の國吉 吹、川端 琉一朗をベンチに残したまま、興南と並ぶ2強としての力をまざまざと見せつけベスト8へ進出した。

 敗れた普天間だが、相手に四球を簡単に与えてしまうなど、守りの面で後手後手に回ってしまった。打線の繋がりはベスト8校に勝るとも劣らない。夏に向けその課題を克服し、この春以上の成績を期待する。

(文=當山 雅通)