日曜中山10R・伏竜Sはデアフルーグが無傷の3連勝で1番人気にこたえる

写真拡大

31日の中山10R・伏竜S(3歳オープン、ダ1800メートル)は、津村騎乗のデアフルーグ(牡3、鈴木伸)が1番人気にこたえて快勝。デビューから続く連勝を爍貝瓩鳳笋个靴拭

ゆったりとしたスタートから、道中は後方2番手で折り合いに専念。3コーナーから外を回って進出を開始すると、直線では力強い伸び脚を発揮。最後は2着マスターフェンサーに、1馬身半差をつけてフィニッシュした。

【大阪杯】北村友「気持ちを害さないように…」アルアインが混戦に断!

津村「先につながるレース」

騎乗した津村は「前回よりも雰囲気が良くて、いい調教を積んでこれました。返し馬でも力みがなかったですし、道中は自信を持って全馬を見ながら運べましたよ。直線でも外から抜かされる感じはなかったですし、先につながるレースができました」と満足そうに振り返った。