(C)スポニチ

写真拡大

31日、阪神競馬場で行われたG1・大阪杯はアルアインが大混戦のゴール前を制して優勝。鞍上の北村友一騎手は嬉しいG1初制覇となった。

1着 アルアイン
北村友一騎手
「枠が本当に良かったので、展開も読みやすいなと思ったので、理想的な形で馬の気分を害さないようにと思って乗りました。行きっぷりも良かったですし、4コーナー向くまでジッと出来て追ってからもしっかり反応してくれて、ブリンカーも2回目で効果がありましたし、本当に良い時に、良いタイミングで、良い条件が重なって勝たせて戴いたなと思います。追い出した時の反応は凄く抜群に良くて、坂を登ったあたりから元々フワッとする癖があるので、その辺でソラを使いながら脚色は鈍ってしまったのですが、気持ちを害さないように敢えてステッキを入れないように、なんとか凌いでくれと願って追っていました。勝って本当に良かったです。色々なことがありますけども、これからも自分らしく次のステップに向けて努力していきたいと思います。良いレースを出来るように共に頑張りたいと思います」

レース結果、詳細は下記のとおり。

31日、阪神競馬場で行われた11R・大阪杯(G1・4歳上オープン・芝2000m)で9番人気、北村友一騎乗、アルアイン(牡5・栗東・池江泰寿)が快勝した。クビ差の2着に2番人気のキセキ(牡5・栗東・角居勝彦)、3着にワグネリアン(牡4・栗東・友道康夫)が入った。勝ちタイム2:01.0(良)。

1番人気で池添謙一騎乗、ブラストワンピース(牡4・美浦・大竹正博)は、6着敗退。

【阪神2R】3連単447万の波乱!13番人気モルトグランデが直線一気!

皐月賞以来のG1制覇

アルアインは前半1000mを61.3とゆったりとした流れを好位の4番手のイン、絶好のポジションでレースを進めて混戦から抜け出した。各馬折り合いも良く、隊列に動きがないまま勝負どころをむかえると、アルアインはポッカリ開いたインから抜け出しを図った。ゴール前は内からワグネリアン、外からキセキ、その間から力強く抜け出して嬉しいG1制覇のゴールへ飛び込んだ。

アルアイン 16戦5勝
(牡5・栗東・池江泰寿)
父:ディープインパクト
母:ドバイマジェスティ
母父:Essence of Dubai
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 アルアイン
2着 キセキ
3着 ワグネリアン
4着 マカヒキ
5着 エアウィンザー
6着 ブラストワンピース
7着 スティッフェリオ
8着 ムイトオブリガード
9着 ダンビュライト
10着 エポカドーロ
11着 ペルシアンナイト
12着 サングレーザー
13着 ステイフーリッシュ
14着 ステルヴィオ

※主催者発表のものと照らし合わせください