31日、中山競馬場で行われた10R・伏竜ステークス(3歳オープン・ダ1800m)で1番人気、津村明秀騎乗、デアフルーグ(牡3・美浦・鈴木伸尋)が快勝した。1.1/2馬身差の2着にマスターフェンサー(牡3・栗東・角田晃一)、3着にラインカリーナ(牝3・美浦・武藤善則)が入った。勝ちタイムは1:53.2(良)。

2番人気で石橋脩騎乗、ノーヴァレンダ(牡3・栗東・斉藤崇史)は、5着敗退。

【中山1R】オイシイナアが7馬身差の快勝!単勝1680円で美味しいなぁ

デビュー戦から圧倒的な力を見せてきたデアフルーグ

デビュー戦で9馬身、500万クラスで5馬身差と圧倒的な力を差を見せてきたデアフルーグがここも人気に支持されてキッチリとその期待に応えた。ゲートを出て最後方にポジショニングすると3コーナー過ぎから大外を進出。直線半ばで楽々抜け出してくると、そのまま押し切って無傷の3連勝を決めた。

デアフルーグ 3戦3勝
(牡3・美浦・鈴木伸尋)
父:ベーカバド
母:パイクーニャン
母父:フレンチデピュティ
馬主:西森鶴
生産者:隆栄牧場