中国ベンダーOppoが、スライドでデュアル自撮りカメラがデバイスディスプレイ裏に収納できるスマホデザインの意匠権を新たに取得したことが明らかになりました。

ノッチが隠れてすべてがスクリーンになるデザイン

Oppoは昨年、自撮りカメラがスライドで本体に格納されるFind Xというフラッグシップ機をローンチしました。Vivoも同様のスライド方式で自撮りカメラを収納するNexを発表し、スライド式という新たなトレンドが生まれつつあります。
 
OppoのFind Xは、自撮りカメラと背面のデュアルカメラで合計3つのカメラ搭載となっていましたが、次世代フラッグシップモデルはデュアル自撮りカメラが採用される可能性が浮上しました。
 
Oppoがデュアル自撮りカメラをスライドで隠すことができるスマホデザインの意匠権を取得したのです。
 

 

 
記載されている図面に指紋認証スキャナの存在は確認することはできませんが、ディスプレイ内埋め込み型となるか、顔認証が導入されるのかもしれません。
 

 
近い将来デュアル自撮りカメラがスライド式の新デバイスが発表される可能性は十分にありそうです。
 
【追記】GSMArena、TigerMobilesには特許とあったため、そのまま特許という表現を使用しましたが、読者から「特許ではなく意匠ではないか」とのご指摘をいただき、大本のEUIPOのサイトを確認したところ、確かに特許ではなく意匠であることが判明したため、修正いたしました。ご指摘ありがとうございます。
 
 
Source:TigerMobiles via GSMArena
Photo:Oppo
(lexi)