歯科衛生士が推奨!自分に合った歯ブラシ選び

写真拡大 (全2枚)

[記事提供:Ha・no・ne(ハノネ)〜毎日キレイ 歯の本音メディア〜(https://ha-no-ne.com/)]

 今回の題材はズバリ「歯ブラシ選び」!

ほとんどの方が歯ブラシによる歯磨きを毎日行っているはずですが、オーラルケアにおけるマストアイテムにもかかわらず、歯ブラシ選びにこだわっている人はあまり多くはない印象です。そのため、今回はケアの仕方や考え方ではなく、ケアをするためのアイテムについて触れていきたいと思います。

身近なようであまり注目される機会が少ない歯ブラシですが、実は店頭に並んでいる歯ブラシはどれも同じではなく、それぞれ特徴が異なります。なぜ特徴が異なるかと言うと、それは人ぞれぞれの口腔内の状態や環境が異なるからです。多くの種類が店頭に陳列されている歯ブラシですが、自身のお口の特徴に合わせた歯ブラシ選びをすることが重要です。「歯磨きのプロ」とも呼ばれる歯科衛生士が歯ブラシ選びの秘訣を紹介します。

磨いたようで実は全然磨けていないって本当!?


この記事をご覧になっているみなさんは、歯の健康への意識も高く、丁寧な歯磨きを心がけていることだと思います。歯磨きに自信のある方は、一度ドラッグストアなどで手に入る「歯垢染色液」を使って自分の歯がきちんと磨けているかチェックしてみると良いでしょう。すると多くの人の場合、意外な結果が出ることもあるようです。

実際にコラムを読んで歯垢染色液を使ってみてくれた方も中にはいるかもしれませんが、恐らくその結果に驚愕しているかもしれません。なぜならいつもあんなに丁寧に磨いているにもかかわらず、残った歯垢に色がつきバッチリ赤く染まっているのではないでしょうか?結果にショックを受けるかもしれませんが、それが現実です。磨いたつもりになっているだけで、効果的な歯磨きができていない可能性があることをきちんと認識しましょう。

歯科医院ではプラークコントロールコード(PCR)と言って、歯周病予防のために歯磨きができているか染め出し剤でチェックする方法があります。すると大抵の方は70%くらい汚れがついています。歯垢がきちんと取れるかは、磨く時間や頻度だけではなく、正しい磨き方であることが重要です。そうでないとPCRにおいてもスコアが良くならない傾向にあります。

・合わせて読みたい→
「近いから」で決めていませんか?本当に良い歯医者の選び方3つのポイント(https://cocokara-next.com/lifestyle/how-to-choose-the-really-good-dentist/)

自分に合った歯ブラシ選びが重要

ではPCRでも良いスコアが記録されるような正しい磨き方を実践するには、どうすれば良いのでしょうか?ここまで辿り着いたところで、今回の本題の「自分にあった歯ブラシ選び」が非常に重要な意味を持ちます。自分に合った歯ブラシを選ぶことがなぜ重要かと言うと、歯ブラシが合っていないだけできちんと歯垢にアプローチすることができず、口腔内のトラブルの原因となる危険性が高まるからです。

たとえば、お口の大きさや歯の形に合っていない歯ブラシを選んでしまった場合、細かい隙間の汚れに届かず、磨き残しができてしまいます。その磨き残しが蓄積して歯垢や歯石となり、さらには虫歯や歯周病などを引き起こす原因となるのです。歯磨きは毎日行うものだけに、磨き残しの蓄積も毎日されていくと考えたら、実に恐ろしい話ですよね。

ちなみにPCRでは、歯周ポケット周りである歯と歯ぐきの境目に磨き残しがついているかをチェックするのですが、大抵の方は歯ぐきの方まで歯ブラシを向けて磨いていません。簡単に磨く方法の1つとしては、「タフトブラシ」というコシが強く短い毛先のついた小さな歯ブラシがあるので、こちらを使って歯ぐき周辺を意識して磨くと歯周ポケットの汚れがキレイになりますよ。

タイプ別・症状別の歯ブラシの選び方

では実際、お口の特徴に合わせてどんな歯ブラシが良いのかを紹介します。まずヘッドの大きさですが、女性や歯並びがガタガタしているのを気にしている方は小さめのヘッドを選びましょう。面倒臭がってヘッドが大きい歯ブラシを選ぶ方もいますが、細かい箇所が磨きにくいため、おすすめはできません。

次に毛の硬さですが、女性に聞いたアンケートによると半数以上の方が「やわらかめが好み」と答えていました。確かにやわらかめの歯ブラシでも良いのですが、やわらかめの歯ブラシがおすすめなのは歯肉が腫れている方、歯周病が進行している方です。歯ぐきに異常がない限りは「ふつう」の硬さの歯ブラシで良いかと思います(好みがあるので強制ではないです)。「かため」の歯ブラシは、着色などがあって歯を白くしたい方、汚れを確実に取りたい方におすすめです。その分、力加減には留意する必要がありますが、目的によって選ぶ最適なものを選びましょう。

最後に歯ブラシの形状については、基本的には真っ平らなフラットタイプがおすすめです。細かい動きに対応しやすく、一番磨きやすいと思います。極細毛タイプは歯周病の方におすすめです。山切りカットなどは……申し訳ないのですが、磨き残しが生じやすいためおすすめしていません。歯が磨けている感じはするかと思いますが、細かい箇所に磨き残しが散見されやすいのです。

[記事提供:Ha・no・ne(ハノネ)〜毎日キレイ 歯の本音メディア〜(https://ha-no-ne.com/)]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。