2019年クラシック候補たち
第9回:クロノジェネシス

 桜前線が列島を縦断する最中、4月7日には3歳牝馬クラシックの第1弾となるGI桜花賞(阪神・芝1600m)が行なわれる。

 今年は、年末の2歳GI阪神ジュベナイルフィリーズ(12月9日/阪神・芝1600m)を制し、前哨戦のGIIチューリップ賞(3月2日/阪神・芝1600m)を快勝したダノンファンタジーの断然ムードにある。しかし、本番で虎視眈々と逆転を狙う馬も数多くいる。

 その筆頭と言えるのが、斎藤崇史厩舎(栗東トレセン)に所属するクロノジェネシス(牝3歳/父バゴ)だ。


桜花賞で戴冠を狙うクロノジェネシス

 昨夏の小倉でデビュー戦を快勝した同馬は、2戦目で強豪牡馬も集うオープン特別のアイビーS(10月20日/東京・芝1800m)に挑戦。紅一点でありながら、牡馬顔負けの貫禄あるレースぶりを披露した。

 ゆったりした流れのなか、中団よりやや前目の内につけて追走。直線を迎えて馬群の中央へと持ち出すと、そこから前が開けた瞬間、力強く抜け出した。最後は余裕たっぷりの手応えで、ゴール板を通過。後続に2馬身差をつけて鮮やかな連勝を飾った。

 迎えた3戦目が、2歳女王を決める阪神JF。クロノジェネシスはダノンファンタジーに次ぐ2番人気に支持された。だが、スタートで痛恨の出遅れ。18頭立ての17番手という苦しい位置取りとなった。

 それでも、4コーナーでは前にいたダノンファンタジーに外から並びかけ、直線では馬体を併せての叩き合いとなった。互いに譲らぬ、熾烈な争いとなったが、ゴール直前でライバルに振り切られて敗戦。半馬身差の2着に終わった。

 その後、クロノジェネシスはGIIIクイーンC(2月11日/東京・芝1600m)に出走。今度はスタートをきっちり決めて、中団外目を追走して手応えよく直線を迎えた。直線半ばで先頭に立ち、阪神JF3着のビーチサンバの追撃も難なく退け、最後は余力を残してフィニッシュ。クビ差勝ちとはいえ、着差以上の強さを見せた。

 そして、ここから本番の桜花賞に向かう同馬。過去2戦の内容から、陣営の期待も高まっているようだ。その様子を関西競馬専門紙のトラックマンが伝える。

「阪神JFは出遅れてしまい、最後によく伸びたとはいえ、ロスのあるレースでした。そこで、陣営としては、クイーンCでは『好スタートから前目で折り合いたい』というテーマを掲げていたそうです。

 実際、レースではそのテーマを見事にクリア。仕上げも8分ほどの、お釣り残しだったようですが、2着馬が来れば来るだけ伸びて、余裕のある勝ちっぷり。その結果から、陣営の本番への手応えはさらに増したようです」

 課題を克服した今、本命ダノンファンタジーとの再戦も楽しみになった。ここまでの走りを踏まえて、先述のトラックマンは「逆転の可能性は十分にある」と語る。

「バゴ産駒には珍しく、切れ味豊かな馬。血統を見れば、3代前にサンデーサイレンスがいて、祖母の姉には末脚を武器にして重賞を4勝しているフサイチエアデールがいます。この辺りの血が強く出ているのかもしれません。

 阪神JFは出遅れがすべて。前走を見ると、一段と切れ味が増しているようでしたから、展開と位置取り次第では、ダノンファンタジーにリベンジを果たしても不思議ではありません」 かつての敗戦を糧にして、したたかに逆転を狙うクロノジェネシス。持ち前の切れ味に磨きをかけて、今度は頂点を射止めることができるのか。スタートの瞬間を楽しみにしたい。