【大阪杯】ブラストワンピース  完成の域に近づく

写真拡大

大阪杯
ブラストワンピース

G犠些複廓目。今年の主役は昨年の有馬記念を制したブラストワンピース(牡4、大竹)だ。2019年シーズンは前哨戦を使わず、この大阪杯からの始動となった。

【大阪杯】枠順と見どころ キセキ4枠6番 ブラストワンピース5枠7番

池添「古馬の王道を歩んでいけるように」

2週続けて追い切りに騎乗した池添は「先週、今週と順調ですね。落ち着きがあるし、フットワークにも柔らかみがあります。背中やトモ、そして中身がしっかりして、完成の域に近づいてきました。ブラストワンピースにとって大事な初戦。コースや馬場の心配はしていませんし、古馬の王道を歩んでいけるようにしっかり結果を出したいですね」と自信をうかがわせた。