住民不在の福島県大熊町を見守った「じじい部隊」最後のごみ拾い

ざっくり言うと

  • 東電の原発事故で全町避難となり、住民不在の状態が続いていた福島県大熊町
  • この町を6年間パトロールし続けた元職員らのグループが3月末で解散する
  • 通称「じじい部隊」は、4月の一部避難解除を前に最後のごみ拾いを実施した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング