羽生結弦の診断内容を発表 約2〜3カ月の加療が必要との見込み

ざっくり言うと

  • 日本スケート連盟は29日、羽生結弦のけがの診断内容について発表した
  • 「右足関節外側じん帯損傷」「右腓骨筋腱部損傷」などという内容
  • 足関節に炎症などがあって、今後も約2〜3カ月の加療が必要の見込みとした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング