マラソンがブームになっている中国では、コースをショートカットしたり、まったく別人が走ったりという不正が横行しているが、「これを超えるかもしれない、オドロキの不正があったんです」と水卜麻美キャスターが紹介した。

24日(2019年3月)に江蘇省で行われた徐州国際マラソン大会で、女性ランナーが自転車に乗って走ったというのだ。

永久追放・・・そりゃそうだよね

司会の加藤浩次「これはウソでしょ。マラソンじゃないでしょ」

女性は審判に注意されて、1度は自転車を降りたが、再び乗ってレースを続けた。大会組織委員会は、女性を大会から永久に追放したという。

加藤「これは不正うんぬんじゃないわ。多分、この人は愉快犯でしょ」