日本時間3月30日の深夜から行なわれるドバイワールドカップ(以下、ドバイWC)カーニバル。日本のファンが注目しているのは、日本調教馬が出走するGI競走である、ドバイゴールデンシャヒーン(ダート1200m)、ドバイターフ(芝1800m)、ドバイシーマクラシック(芝2410m)、そしてメインのドバイWC(ダート2000m)の4つだろう。

 翌日の3月31日には、日本でGI大阪杯(阪神/芝2000m)も控えており、それが終わればいよいよ4月。新年度を楽しく迎えるためにも、ドバイで”大ボーナス”をがっつり儲けたいところだ。


ドバイWCに出走予定のガンナヴェラ

 そこで今回は、現地取材などを基に、とっておきの穴馬情報をお届けしたい。

 レース順に、まずはゴールデンシャヒーンから。海外ブックメーカーのオッズでは、インペリアルヒント(牡6歳)やエックスワイジェット(せん7歳)といったアメリカ勢が人気。おそらく日本でのオッズも同様になるだろう。

 そうなったときに、目下12倍〜13倍見当のUAE馬、ドラフテッド(せん5歳)に食指が動く。ドバイで同じメイダン競馬場で行なわれたダート1200mの重賞を2連勝中。しかも差し脚質のため、序盤からブンブン飛ばすアメリカ勢に付き合う必要がない。どっしりと構えて”漁夫の利”を得てくれれば、おのずと好配当に繋がるはずだ。

 続いて、アーモンドアイ(牝4歳)らが出走するドバイターフ。アーモンドアイに加えて、一昨年の勝ち馬ヴィブロス(牝6歳)、昨年3着のディアドラ(牝5歳)と、日本の”秋華賞トリオ”による上位独占も考えられる。しかし、日本馬に人気が集中するときほどオイシイのが海外の実力馬。中でも香港のサザンレジェンド(せん6歳)は”盲点”になりそうだ。

 サザンレジェンドは、昨年のGI香港マイル(香港・シャティン/芝1600m)でヴィブロスと僅差の3着、今年もGIスチュワーズC(香港・シャティン/芝1600m)で3着、そして初の2000mに距離を延長したGI香港ゴールドカップ(香港・シャティン/芝2000m)でも2着と好走している。相手が強くなるほど相手なりに走ることができ、それでいて人気になりにくいタイプだ。実際、先ほど挙げた香港GI3戦はいずれも単勝30倍以上での激走だった。

 少頭数(8頭)で争われるシーマクラシックは”あえて穴馬”というのが難しいが、もし、妙味のあるオッズになるようであれば、日本のシュヴァルグラン(牡7)に注目したい。前走のGI有馬記念で3着と好走。初の海外遠征だが半妹のヴィブロスも同行しており、この点も心配ないだろう。

 そしてもう1頭、日本ではおそらく人気薄になりそうなのが、クールモアが送り込むアイルランドのマジックワンド(牝4歳)だ。通算成績も11戦2勝と目立たず、GI勝ちもない一見地味な馬だが、これまでに3度のGI2着があるように、隠れた実力の持ち主。速い馬場への適性も高く、狙ってみたい1頭だ。

 最後のドバイWCは逆にオッズが割れそうで、どの馬から買っても好配当になることが期待できる。日本のオッズでは、昨年の勝ち馬であるのサンダースノー(牡5歳)、前哨戦を圧勝したキャッペッザーノ(せん5歳)のUAE勢、ハーツクライ産駒の日本産馬ヨシダ(牡5歳)あたりが人気になるだろう。

 そんな中で注目したいのが、アメリカのガンナヴェラ(牡5歳)。昨年もこのレースに参戦して8着と敗れているため、実力や適性に疑問符がつきそうなところだが、昨年のGIブリーダーズカップクラシック(アメリカ・チャーチルダウンズ/ダート2000m)など3つのGI2着があるように実力は引けを取らない。

 実は、昨年はレース中にえぐれるほどに蹄を傷めてしまい、まったく力を発揮できなかったのだ。ドバイワールドカップのあとに5カ月近くの休養を要したのもそのため。昨年の8着より上の着順が期待できるのは必然だ。

 果たして、砂漠のカーニバルに大穴の嵐を吹かせるのはどの馬になるのか。