緊急回避に役立つテクも教えるべき

 ほとんどの人が免許を取ったときにお世話になった自動車教習所。免許取得のための有益な技術と知識を教えてもらったにもかかわらず、自動車学校を母校と呼ぶ人はいない……。

 実際、世のなかの学校で、これだけ実用性のあることを教えてくれるところも少ないはずだが、それでも教習所で教わったことが、実際の路上ではあまり役に立たないというか、無意味でマイナスでしかないということもいくつかある。それを検証してみよう。

1) ポンピングブレーキ

 ブレーキの際、何度か踏み分けてペダルを踏むポンピングブレーキ。本来はブレーキがロックしたときのロック解除が目的だが、後続車にブレーキによる減速を知らせ、注意喚起するための「予備制動」も含まれる場合がある。

 しかし、現在ではポンピングブレーキは百害あって一利なし。ABS付のクルマなら、人間がペダル操作でブレーキロックを対処するより、ABS任せの方が何倍も高精度で、安全かつ最短距離で減速できるので、ポンピングブレーキなど不要。

 仮にABSのないクルマでも、ドライのアスファルトなら80/h以下、ウェットなら40/h以下、雪道でも20/h、凍結路でも5km/h以下なら、ポンピングブレーキより、フルロックさせた方が短距離で止まるというデータがあるので、少なくとも素人がポンピングブレーキをやるメリットはまったくない。

 注意喚起の「予備制動」も、後続車にとっては迷惑なだけだし、荷重変動が起きてクルマが不安定になるだけで、同乗者も気持ち悪くなるだけ。

2) 「急」のつく操作をするのはNG

 通常の運転や、雪道では「急」のつく操作は厳禁とされているが、とっさのときは逆に急ブレーキの出番となる。

 同じ教習所でも、オートバイの教習では「急制動」というフルブレーキのプログラムがあるが、これは実践的で非常に有用。クルマの教習でも、ぜひともABSを効かせるようなフルブレーキのトレーニングを取り入れてもらいたいものだ(一応、技能教習に「急ブレーキ」という項目があるが、体験レベルでしかない)。

 なお急ハンドルはとっさのときでも、それなりのリスクがあり、急アクセルは危機回避には出番がない……。

 コーナリング中はブレーキを踏んではいけないという教えもあるが、オーバースピードで曲がりきれないと感じたら、コーナリング中でもブレーキを踏むしかない。「危ない」と思ったときは、とにかくブレーキを踏んで速度を下げる。これがリスクを減らす最大のコツだ。

時代の流れとともに本来変わるべき内容も

3) クロスハンドル

 ハンドル操作は、車庫入れのような超低速域では、どんな切り方をしても大差はないが、スピードレンジが高まるにつれ、ゆっくり、丁寧、繊細な操作が求められる。

 そういう意味で、教習所で習ういわゆるクロスハンドル(交差ハンドル)は、箱庭のような教習所内に特化した操作法といえる。

 かつてのパワステがない頃のクルマなら、重いハンドルを一気に切れるクロスハンドルにも利点はあったが、パワステが標準化されたいまのクルマなら、右手の守備範囲は、ハンドルの右半分、左手の守備範囲はハンドルの左半分となるように、いわゆる送りハンドルで操作するのがベスト。

4) ポールや植木の位置を目印にした駐車

 これも教習所限定の技術のひとつ。苦手な人が多い、縦列駐車や方向転換のときに、ポールや植木を目印に、「ここでハンドルを切って」と教えてくれる教官がいる。

 それはそれで、早く免許を取得するにはいいアドバイスかもしれないが、路上に出てからでは役に立たない。実際の車両感覚やタイヤの位置感覚を掴むトレーニングのほうが、はるかに重要なのは言うまでもない。

5) 踏切手前での窓開け

 教習所では非常に重視されている、踏切手前で一時停止し、窓開けて電車の音を確認する作業。道路交通法で定められているルールではないので、街中でこれを実践している人は事実上皆無といっていい。

 そんなことより、一時停止、安全確認後の素早いリスタートを特訓してもらった方がありがたい。