東京の桜は27日(2019年3月)に、全国で最も早く満開となった。昨年より1週間早い。上野公園(台東区)は外国人観光客も交じって大賑わい、千鳥ヶ淵(千代田区)はライトアップされ、ボートの夜間営業も始まった。

花の真ん中が赤くなってきたら散りぎわ

司会の小倉智昭「花見のタイミングはいつがいいの」

天達「花びらの中心の色が赤っぽいと寿命が近づいているので、次の風で散ってしまう。中心が白っぽい時は台風ぐらいの風でも散りません。今年はまだまだ大丈夫。1週間ぐらいは楽しめます」

そこで週末の天気だが、30、31日は雨の心配があり、気温も若干低く、花冷えという。「とくに夜は5度前後で花見には防寒対策をしっかり行った方がいいです」(天達)