砂漠を舞台にしたカーニバルで、今年も国際競馬の幕が開く。5つのサラブレッドによる国際GI競走を含む、9つの国際競走が開催されるドバイワールドカップ(以下、ドバイWC)カーニバルが、現地時間3月30日にアラブ首長国連邦(UAE)のドバイにあるメイダン競馬場で行なわれる。

 今年の5つのGIのうち日本で馬券が発売されるのは、日本調教馬が出走するドバイゴールデンシャヒーン(ダート1200m)、ドバイターフ(芝1800m)、ドバイシーマクラシック(芝2410m)、そしてメインのドバイWC(ダート2000m)の4競走で、昨年と同じ。馬券発売のないGIIUAEダービー(ダート1900m)、GIIゴドルフィンマイル(ダート1600m)に出走する馬を含め、合計10頭の日本馬がドバイで調整中だ。

 中でも注目のレースは、昨年の牝馬3冠馬で、年度代表馬でもあるアーモンドアイ(牝4歳)が出走するドバイターフだろう。同馬のほかにも、ヴィブロス(牝6歳)、ディアドラ(牝5歳)と、過去3年の秋華賞勝ち馬が一同に顔を揃えた。これは、日本でもなかなか見ることができない光景だ。


レースに向けて調整を行なうアーモンドアイ

 21日未明に現地入りし、26日も芝コースで軽快な動きを見せていたアーモンドアイには、日本以外のメディア、競馬関係者からも熱視線が送られている。香港から同レースにサザンレジェンドを送り込むキャスパー・ファウンズ調教師が、「今日の動きを見たかい? 休み明けだろうと、初の海外遠征だろうと、まったく関係ないと直感する素晴らしさだった。あれに勝つことが簡単じゃないのはすぐに判るよ」と舌を巻くほど順調だ。

 アーモンドアイを管理する国枝栄調教師も、状態について満足そうに話す。

「美浦(トレーニングセンター)の検疫厩舎にいたときはピリピリしていたけど、こっちに来たら肩の力も抜けてずいぶんリラックスしてますよ。レースの乗り方はクリストフ(・ルメール騎手)に任せるけど、ゲートだけは五分で出してほしいので、当日はゲートボーイもつける予定。そのための練習も日本で積んできました。まずは自分の競馬を、という感じかな」

 さらに、ヴィブロスは一昨年のこのレースで鮮やかな勝ちっぷりを見せており、昨年も2着と好走しているコース巧者だ。ディアドラも、昨年のGI香港カップ(香港・シャティン/芝2000m)で、居並ぶ牡馬を相手に猛然と差を詰めて2着と健闘。昨年のこのレースではリアルスティールと並んで3着同着となっている。海外ブックメーカーの前売りオッズでは2頭ともに”伏兵”扱いだが、実績はアーモンドアイにも引けを取らないだけに、世界のファンを驚かせる走りを見せてほしい。

 もうひとつ、日本調教馬が3頭出走するのが、ドバイシーマクラシック。今年はレイデオロ(牡5)、スワーヴリチャード(牡5)、シュヴァルグラン(牡7)の3頭が挑戦する。

 レイデオロは昨年、海外ブックメーカーでも2番人気に推されながら4着に終わっている。昨年秋の天皇賞を勝ち、タイトルを上積みした今年はリベンジを果たせるか。また、スワーヴリチャードにとっては初の海外遠征となるが、昨年勝ったGI大阪杯(阪神/芝2000m)を蹴ってこちらに来ているだけに、”本気度”はかなり高いと見ていい。そんな充実ぶりは海外ブックメーカーにも反映されていて、シュヴァルグランを含めた3頭の前売りオッズは10倍以下を示している。

 この2つのレースに先んじて行なわれるドバイゴールデンシャヒーンには、昨年のこのレースで5着だったマテラスカイ(牡5歳)が出走する。

 昨年、一昨年と連覇したマインドユアビスケッツは不在だが、昨年2着のエックスワイジェット(せん7歳)、3着のロイエイチ(せん7歳)はともに出走。さらに、アメリカでGIを2勝のインペリアルヒント(牡6歳)もおり、かなり”骨っぽい”メンバーとなっている。それもあってか、ブックメーカーでのマテラスカイのオッズでは約50倍と、完全に大穴扱い。しかし昨年の走りを考えれば、この評価以上の結果は当然期待できる。

 トリを飾るドバイワールドカップには、昨年のJBCクラシックなどを制しているケイティブレイブ(牡6歳)が参戦する。こちらはマテラスカイ以上に難敵が揃ったレースとなった。

 まず、昨年の勝ち馬サンダースノー(牡5歳)、前哨戦の勝ち馬であるノースアメリカ(せん7歳)とキャッペッザーノ(せん5歳)の地元UAE勢。さらに日本産ながらアメリカの芝ダートGI勝ち馬ヨシダ(牡5歳)、昨年のケンタッキーダービー3着馬のオーディブル(牡4歳)、昨年のブリーダーズカップクラシック2着馬ガンナヴェラ(牡6歳)、今年のペガサスワールドカップ2着馬シーキングザソウル(牡6歳)らアメリカ勢が、高い壁となって立ちはだかる。

 加えて、今年のメイダン競馬場のダートは、4コーナーで先頭グループにいないと勝負にならない特殊な馬場状態。もともと先行脚質のケイティブレイブではあるが、どこまでアメリカ勢主体のスピード競馬に対応できるかがカギになるだろう。

 昨年は、海外GI勝利がゼロに終わっている日本調教馬。その雪辱を果たすという意味でも、また、アーモンドアイにとっては先々の凱旋門賞挑戦を占う上でも、好結果を期待せずにはいられない。2年前、3年前のように、またこの地で日の丸が掲げられることを期待したい。