「六角堂 夜の特別拝観」頂法寺境内をライトアップ、新元号や東京五輪など祝う大作生け花も展示

写真拡大

六角堂・頂法寺にて、「六角堂 夜の特別拝観」が2019年4月12日(金)から4月14日(日)の3日間開催される。

六角堂境内と大作生け花をライトアップ

「六角堂 夜の特別拝観」では、約150基の灯篭で境内全体をライトアップ。2019年は「ことほぐ(寿ぐ)」をテーマに、天皇陛下御即位30周年や新元号、東京オリンピックなど様々な祝福を込めた大作生け花が登場する。作品も幻想的にライティングし、境内をさらに華やかに彩る。

「春のいけばな展」も同時開催

六角堂となりの池坊会館では、4月12日(金)から15日(月)まで「春のいけばな展」を開催。華道家元四十五世 池坊専永、池坊専好 次期家元をはじめ、国内外の華道家たちによる生け花1,000作品を展示する。

詳細

「六角堂 夜の特別拝観」
期間:2019年4月12日(金)〜14日(日)
時間:18:00〜21:00
会場:六角堂 頂法寺
住所:京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町248
拝観料:無料

■「春のいけばな展」
期間:2019年4月12日(金)〜15日(月)
時間:10:00〜18:00 ※14日(土)は17:00、15日(月)は16:00まで
場所:池坊会館
入場料:500円(高校生以下無料)
[写真付きで読む]「六角堂 夜の特別拝観」頂法寺境内をライトアップ、新元号や東京五輪など祝う大作生け花も展示

外部サイト

  • 【京都観光情報】世界遺産を特集 - 清水寺や平等院など、早朝特別拝観情報も
  • 全国の桜イベント2019 - デジタルアートと夜桜コラボ、絵画で楽しむお花見も
  • 夜の名古屋城を散策「ナイトキャッスル オワリ エド ファンタジア」絢爛豪華な尾張の世界を最新技術で再現