中日・石川翔 (C) KYODO NEWS IMAGES

写真拡大

 中日は27日、石川翔が25日に名古屋市内の病院で右肘形成術を行ったと発表した。

 石川は3月15日試合中に右肘に違和感を覚え、検査の結果、右肘離断性骨軟骨炎と診断され、右肘形成術を行ったとのことだ。投球再開には3か月ほど要する予定。

 また、腰に違和感を訴えていた大藏彰人が、精密検査の結果、胸椎黄色靭帯骨化症と診断され、3月22日、名古屋市内の病院で黄色靭帯骨化切除術を行ったこともあわせて発表した。術後2か月の固定期間後、スローイングが開始できる予定だ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)