U-22日本代表MF三好康児(横浜FM)

写真拡大

[3.26 AFC U-23選手権予選(東京五輪一次予選)第3節 日本7-0ミャンマー]

 誕生日が大事な一戦となった。3月26日、本戦(東京五輪最終予選)出場を賭けたAFC U-23選手権予選第3節ミャンマー戦のスターティングメンバ―に名を連ねたMF三好康児(横浜FM)は、次々と得点機を演出して大勝へ、そして本戦出場へと導き、自身の22歳の誕生日に花を添えた。

 まずは試合開始早々の前半7分。相手GKのキックミスが三好の足元へ向かってくると、周囲の状況を確認してワンタッチで丁寧なパスを前線へと送り、走り込んだFW前田大然の先制点をアシスト。そして同18分には中盤でのこぼれ球に反応すると、「悠人がフリーだった。自分もフリーだったので結構余裕を持って出せた」とMF岩崎悠人(札幌)へとスルーパスを届け、2アシスト目を記録した。

 さらに前半44分、右サイドのDF藤谷壮からボールを呼び込むと、「大然がどフリーだったので、あのへんに丁寧に出しておけば点を取れると思っていた」と鋭いスルーパスで前田の2点目を演出。この日の3アシストだけでなく、第1節マカオ戦では4アシストを記録しており、今予選で出場した123分の中で(第1節は後半33分で途中交代。第2節の出場はなく、ミャンマー戦は前半のみの出場)計7アシストをマークと驚きの数字を残した。

「そこは自分の仕事の一つ」と振り返りつつも、チームは3試合で21得点を挙げていることもあり、「これだけ大量得点しているので。アシストできたのは良かったけど、欲を言えば得点を取りたかった」と多くの得点に絡みながらも、自身はノーゴールに終わったことに悔しさを滲ませた。そして、「プレーの質のところを言えばミスもあったし、できたところばかり注目すると良くない。こういう試合だったからこそ、できなかったところを次に向けてどうすればいいかを考えられればいい」と満足することなく、ただ前だけを見据えた。

 納得のいかない部分もあった。しかし、三好のアシストから得点を奪った岩崎が「ホンマに感謝している。すごく良いパスが出てきた」と語れば、前田も「本当に動き出したら出てくるので、常に康児くんが持ったら狙っていた」と話したように、チームメイトからの信頼はより厚くなったはずだ。

 東京五輪最終予選を兼ねたAFC U-23選手権への出場を決めたチームは試合後の記念撮影に応じる。センターポジションに構えていた三好は撮影後にチームメイトから盛大に水を浴びせかけられるなど、手洗い祝福を受けた。誕生日に試合に出場して勝利。そして予選突破を決め、「誕生日に試合ができるのがすごく嬉しかったし、勝てて良かった」と白い歯を見せた。

(取材・文 折戸岳彦)