トランプ大統領がゴラン高原のイスラエル主権を承認 安保理から批判続出

ざっくり言うと

  • トランプ大統領は中東・ゴラン高原におけるイスラエルの主権を認めた
  • 26日の国連安保理の会合では、理事各国から米国を批判する声が噴出
  • ロシアは「一方的措置で、領土の地位は変わらない」と強調した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング