U-22日本代表MF岩崎悠人(札幌)

写真拡大

[3.26 AFC U-23選手権予選(東京五輪一次予選)第3節 日本7-0ミャンマー]

 今までの自分では選択しないプレーだったのかもしれない。今季、京都から札幌へと移籍したU-22日本代表MF岩崎悠人は、AFC U-23選手権予選(東京五輪一次予選)第3節ミャンマー戦で進化した姿を見せた。

 そのプレーとは前半18分に生まれたゴールだった。PA外でルーズボールに反応したMF三好康児(横浜FM)からスルーパスが届けられると、「すごく良いパスが来て、コントロールもすごく良かった」とワンタッチでPA内に侵入して距離を詰めたGKとの1対1を迎える。ここからが、今までの自分とは違ったという。

「ミシャさん(札幌のペトロヴィッチ監督)の練習では、最後まで相手を見て判断を変えられるようなプレーを意識しないといけない」

 今までの自分だったら「慌ててシュートを打っていた」が、GKを引き寄せてシュートフェイントでかわすと、左足で無人のゴールへと流し込んだ。「あそこでGKを見て落ち着いてかわせたのは、僕の今までのプレーではなかなかない。最後まで相手を見るという部分は自分の成長を感じられたし、札幌に行った成果を出せた」と自画自賛のゴールとなった。

 そして、後半24分には今までの自分らしいプレーで自身2点目を奪取する。右サイドからMF久保建英(FC東京)が送ったクロスは相手選手に触れられるが、大きく空中へと上がったボールが岩崎の元へ。胸トラップでボールを落ち着けると、相手に寄せられて態勢を崩しながらも思い切りよく右足を振り抜いてゴールネットに突き刺した。「あれは僕らしいゴールでした」と振り返ると、「らしくないゴールとらしいゴールで2つ取れたのは良かった」と胸を張った。

 これまでの2試合で8得点、6得点とゴールラッシュを演じてきたチームの中で、アタッカーながらも無得点だったこともあり「僕も取りたいなという欲がすごいあった」ようだが、ようやく生まれたゴールに「いやー、ホンマにホッとしました。マジで良かったです」と満面の笑みを浮かべた。

(取材・文 折戸岳彦)