コロンビアとのA代表デビュー戦でフル出場した橋本。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト編集部)

写真拡大

[キリンチャレンジカップ2019]日本 1-0 ボリビア/3月26日/ノエビアスタジアム神戸
 
「昨日とかはほぼ寝られないぐらい興奮していた」という橋本拳人は、ボリビア戦でスタメン出場。A代表デビュー戦でいきなり、小林祐希とともにボランチを任された。「ボランチが中心になってビルドアップや守備のところで前(の選手)を動かしながら」と森保一監督から言われた彼は、とりわけディフェンスの局面で利いていた。
 
8分には相手選手からがっつりボールを奪い、セカンドボールも首尾よく拾う。持ち味の危機察知能力を生かして、ピンチの芽を摘むパフォーマンスは試合を通して光っていた。
 
ただ、チームの出来が良かったかと言えば疑問符が付く。実際、「前半はボランチからの縦パスがあまり入ってなかったのでは?」との質問に、橋本は次のように答えている。
 
「積極的に行こうと思いましたが、ボールを大事にするシーンが多くて前に入らない展開になりました」
 
 また橋本が最終ラインまで下がってボールを回すシーンもあった。これで「後ろが重たくなった」(橋本)せいで、攻撃が機能しなかった部分はあるだろう。
 
 事実、日本が勢いよく攻撃を仕掛けるようになったのは中島翔哉、堂安律、南野拓実らを投入したあとだった。前半はそこまで機能的ではなかったチームに勢いをもたらしたのは柴崎岳を含む途中出場組との見方はできる。
 
 では、彼ら4人の投入前と投入後でチームはどう変わったのか。それを訊くと、橋本はこう返してくれた。
 
「個で仕掛けるところや前への意識は、翔哉が入って変わったかなと。もちろんボールを奪われてカウンターを食らうシーンもありましたけど、とはいえみんなが前への意識を持ってプレーできました」
 
 試合が進むにつれて積極性を増した橋本。中島らのプレーに刺激される形でそうなったかは定かではないが、濃密な90分間を過ごしたことだろう。反省点はもちろんあるだろうが、A代表デビュー戦でフル出場した事実は素晴らしい。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)