最前線での起用に序盤は戸惑う場面もあったが、徐々に持ち味を発揮した鎌田。写真:山崎賢人

写真拡大

[キリンチャレンジカップ]日本 1-0 ボリビア/3月26日/ノエビアスタジアム神戸
 
 鎌田大地は今回の3月シリーズで、日本代表に初選出。22日のコロンビア戦で代表デビューを飾り、26日のボリビア戦では初めてスタメンに名を連ねた。そんな鎌田に与えられたポジションは最前線だ。
 
 序盤は戸惑いながらプレーする場面も見られたが、時間の経過とともに自信を掴んだようだ。惜しいシュートシーンもあったように、得点の予感も十分にに漂わせた鎌田はボリビア戦をこう振り返る。
 
「最初は探り探りの状態だったので難しい部分もありましたけど。まあ徐々にボールも触れるようになって自分で良い受け方を見つけられたりとか、うまく収めてたりできたので今日1試合で成長できたかな」
 
 さらに最前線での起用については「得点も求められてたと思いますけど、周りをうまく使って周りが活きるようなことが求められてたと思います。前で時間を使ったりだとか」と心がけていたプレーを明かしてくれた。

 得点という結果は残せなかったが「ある程度自分のなかでは満足できた」と初の代表での活動をポジティブに捉えているようだ。22歳と将来性豊かなアタッカー。その未来に期待したい。

構成●サッカーダイジェスト編集部