【警告】日本=なし ボリビア=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】中島翔哉(日本)

写真拡大 (全3枚)

[キリンチャレンジカップ2019]日本 1-0 ボリビア/3月26日/ノエビアスタジアム神戸
 
【日本代表・総評】
4.5
前半はボールは持てども効果的な崩しができず。途中出場の中島のゴールで勝利したとはいえ、“平成最後のA代表戦”は寂しいパフォーマンス。レギュラー組とそれ以外のメンバーの実力差がくっきりした。
 
【個人採点・寸評】
GK
23 シュミット・ダニエル 5.5
前半はピンチが少ないなか、身長を活かしてハイボールをクリアした。もっともボール回しでもたついた場面も。
 
DF
22 西 大伍 5
何度か右サイドを駆け上がって高い位置でボールを受けた。しかし、そこからの打開力を欠いた。テクニックは見せたが……。
 
2 三浦弦太 5
自慢のフィードを見せられた回数はわずか。守備面でも相手に身体を入れられる場面が多く、初動の遅さが目立った。
 
19 安西幸輝 5.5(73分OUT)
左サイドからドリブルで持ち上がるも良い形でクロスを上げられず。後半はやや改善されたが、一列前の乾とのコンビネーションもイマイチだった。
 
20 畠中槙之輔 5
CBとしてA代表デビューを飾る。対人守備では奮闘したが、縦パスを上手く前に入れられず。ボールを持った際に困惑していた印象だ。

【PHOTO】日本対ボリビア戦を彩った「美女サポーター」たち

MF
14 乾 貴士 5.5(61分OUT)
誰よりも積極的にプレーした点は評価したい。だが、フィニッシュ精度は高くなく、チャンスをゴールにつなげられなかった。
 
10 香川真司 5(68分OUT)
キャプテンマークを巻いて先発出場。セカンドトップの位置でボールを受けようとしたが、パスがなかなか入って来ず、迷いながらのパフォーマンスに。不完全燃焼のままピッチを後にした。
 
25 小林祐希 5(68分OUT)
中盤で縦パスを要求するも、テンポ良くもらえたシーンはわずか。そのためリズムを崩したのか、ボールロストも少なくなかった。
 
11 宇佐美貴史 5(61分OUT)
乾とともに攻撃のリズムを作ろうと動き回った。ただし、ドリブルで相手を抜き切る場面はなく、アピールをできぬまま途中交代に。

15 橋本拳人 6
球際ではデュエルの強さが光り、ボールを刈り取った。先発メンバーで唯一、及第点を与えたかったが、展開力がやや不足し、攻撃のスピードを上げられなかった点をマイナスとした。
 
FW
18 鎌田大地 5(83分OUT)
不慣れな1トップで先発。「あまり下がらないように言われている」と語っていたように前線にポジションを取ったが、逆に行動範囲が狭く、確度の高いポストプレーも見せられなかった。57分の決定機もモノにできず。
交代出場
MF
21 堂安 律 6(61分 IN)
75分のカウンターでは推進力のあるドリブルで中島のゴールを演出。その後も右サイドからボリビアを崩しにかかった。
 
MF
MAN OF THE MATCH
8 中島翔哉 6.5(61分 IN)
75分に迎えたチャンスでGKのニアサイドを抜いて決勝ゴールをマーク! 少ない時間で仕事をした。
 
MF
9 南野拓実 6(68分 IN)
ドリブルが相手に引っかかり、77分のチャンスも決められず。やや空回り気味だったが、中島のゴールをお膳立てした。
 
MF
7 柴崎 岳 6(68分 IN)
果敢に前に出て攻撃陣をサポート。ボリビアの守備陣を破るパスは出せなかったが、リズムを変えた。
 
DF
4 佐々木翔 6(73分 IN)
安西に代わってピッチへ。機を見たオーバーラップでクロスを送りながら、完封勝利に貢献した。
 
FW
13 鈴木武蔵 ―(83分 IN)
85分のヘッドは枠に飛ばせず。待望のA代表初ゴールはお預けとなった。
 
監督
森保 一 4.5
「基本的には総替えで戦うつもりです」と前日会見で説明していた通り、コロンビア戦のスタメンから全選手を変えて臨む。しかしその采配に意味があったのか首を捻ってしまう出来。中島、堂安、南野の投入で勝利を掴んだとはいえ、収穫の少ないゲームにしてしまった。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト)
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。