4月6日(土)にオーストラリアのランドウィック競馬場で行われるドンカスターマイル(G1)に出走予定の日本馬の調教状況および関係者のコメントは下記のとおり。

<ドンカスターマイル(G1)>
芝・1,600メートル

●クルーガー号
牡7・栗東・高野友和厩舎

本日の調教状況:
カンタベリー競馬場
ポリトラックコース:速歩からハッキング
芝コース:単走で7ハロンから直線強めに追い切る
注記:オーストラリアの市川 雄介騎手が騎乗

高野友和調教師のコメント
「調教で引っかかることもなく、いつものクルーガーだと感じました。輸送もスムーズで、馬体に張りがあり、いいコンディションです。環境が良く馬がリラックスしており、また馬の性質から単走では本気で走らないところもあるため、他の遠征馬と併せ馬をやりたいと考えています。騎手はこちらのトミー・ベリー騎手を予定しており、最終追い切りでは騎乗してもらう予定です」

※JRA発表による

【大阪杯】登録馬と見どころ ブラストワンピース キセキなど