オリンパス、カメラなど映像事業の売却を否定 次期社長が方針語る

ざっくり言うと

  • オリンパスは、米投資ファンドから新たに取締役を迎えることとなった
  • これにより映像事業の売却を求められるのではとの見解に、次期社長が言及
  • カメラなどの生産ノウハウはほかの事業分野でも役に立つ、と売却を否定した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング