鬼ババアだ…!男性が“おびえる”「マウント女子」の特徴

写真拡大

「マウント女子」とは、上から目線で攻撃的な態度をとる女性のこと。
男性目線でも恐れられ避けられる存在といえます。
今回は男性が怯える「マウント女子」の特徴をご紹介していきます。

(1)何かと命令口調


『なんでそんな言い方されなきゃいけないの?』(30歳/営業)

「マウント女子」は他人に干渉しがち。
自分と他人の境界線が曖昧だからこそ、他人を思い通りにしようとしてしまうのです。

その結果「お願い」ではなく「命令」ともいえる言動に繋がります。
いうまでもなくこれは相手の自由を奪い圧迫感を与える行為ですね。
過干渉は相手の心を追い詰める結果になってしまいます。

(2)アドバイスという名の上から目線


『上から目線で言われると腹が立つ』(28歳/SE)

「マウント女子」は他人を評価し、口出しします。
アドバイスという名目であっても、実際に口出しされる側には「ダメ出し」に感じることも多々。

そもそもアドバイスとは相手に求められてから発言するもの。
求める前から「相手のため」といって意見するのは、正義感をたてにした傲慢ともいえます。

(3)自己アピールが強い


『何を話しててもすぐ自分の話にすり替えて自慢ばかりしてきて気分が悪い』(32歳/経営)

自尊心やプライドを満たしたい衝動が強いのが「マウント女子」の特徴です。
その承認欲求の高さゆえに、無意識に会話の節々で自己アピールをしてしまいがちなのです。

言い方を変えれば「自慢」や「はり合おうとする」などといった行動。
これらは相手の心地よい会話のリズムを阻害し、不快な気持ちを与えてしまいます。

(4)開き直る


『悪いことしたときにきちんと謝れないのは人としてどうかと思う』(33歳/マーケティング)

先ほど「マウント女子」の承認欲求が強いとお話ししました。
その深層心理を辿ると「自信のなさ」や「劣等感」を見ることができます。
つまり自分を守ることで必死な状態なのです。

自分を守ろうとし過ぎて、極端に自分は悪くないと開き直ってしまう事も。
素直に謝るためには「謝っても自分が傷つくわけではない」という安心感が不可欠といえます。

----------

いかがでしたか?

「マウント女子」の特徴を追っていくと、周囲の人に与える影響を知ることができます。
やはり自分に圧迫感を与える人とは付き合いたくないと思うのは、自然な心理ではないでしょうか。

(恋愛jp編集部)