ブラストワンピース(2018有馬記念)

写真拡大 (全2枚)

3月31日(日)阪神競馬場で行われる、大阪杯(G1・4歳上オープン・芝2000m)の登録馬は下記の通り。

現役古馬の中でも上位レベルのメンバーが集まったが、ドバイミーティングと日程が被っているため、よりトップクラスの有力馬はドバイへ。展開ひとつで着順が入れ替わりそうな拮抗したメンバーとなった。

高松宮記念記念で牡4歳のミスターメロディが優勝した。現役4歳世代は強い3歳と呼ばれた世代で、有馬記念でも3歳世代のブラストワンピースが制し世代交代を宣言。有馬以来の出走となったが、ここでも中心メンバーと考えるのが自然だろう。1週前追い切りでも鋭い動きを披露し、上位人気となりそうだ。

【高松宮記念】武豊「いつものダッシュが…」レース後 ジョッキーコメント

ダービー馬ワグネリアンも出走

ワグネリアン(2018日本ダービー)

同4歳世代は多数出走しており、皐月賞馬エポカドーロ、ダービー馬ワグネリアン、マイルCSを制したステルヴィオ、重賞ウィナーのステイフーリッシュなど、タレント揃いでどれが来ても不思議はない。

そして不気味な1頭は5歳馬のキセキ。昨年の天皇賞・秋、ジャパンカップの快走は記憶に新しい。この馬が本領を発揮した逃げを見せた時、果たして捕まる事は出来るのか?どのような走りを見せるのか興味深い。

アクションスター 57.0
アルアイン 57.0
エアウィンザー 57.0
エポカドーロ 57.0
キセキ 57.0
サングレーザー 57.0
スティッフェリオ 57.0
ステイフーリッシュ 57.0
ステルヴィオ 57.0
ダンビュライト 57.0
ブラストワンピース 57.0
ペルシアンナイト 57.0
マカヒキ 57.0
ムイトオブリガード 57.0
ワグネリアン 57.0