【高松宮記念】武豊「いつものダッシュが…」レース後 ジョッキーコメント

写真拡大 (全3枚)

24日、中京競馬場で行われた春のスプリント王決定戦、G1・高松宮記念は、3番人気のミスターメロディが直線抜け出して快勝した。1番人気のダノンスマッシュは4着、2番人気のモズスーパーフレアは15着に敗退し、3連単449万円超の大波乱となった。

レース後、ジョッキーコメント
1着 ミスターメロディ
福永祐一騎手
「本当によく頑張ってくれました。初めての1200mだったのでスタートは良かったんですけど、じっとしていれば置かれてしまいそうな感じだったので、若干促してポジションを取りに行ったんですけど、良いところでハマれたと思いますし、直線は内を突こうと思っていたので良いタイミングでスペースが空いてくれて、上手くいきました。非常にコンディションもずっと良くて、前走も良かったんですけど良い結果出せなかったので、今日はなんとしても良い結果出したいなと思っていましたし、1200しかもG1でこうやって対応してくれるあたりのセンスの高さというのは非常に感じますし、1400mまではとりあえずは守備範囲かなと思いますし、ダートも走る馬ですから芝ダート問わず色んな選択肢がこれから出てくるんじゃないかなと思います。(今週は少し悲しい出来事もあってそういった思いの中での騎乗だったのでは?)レース後に思いましたね。キングヘイローがやっぱりちょっとなんか…そういうのあるんですかね。後押ししてくれたような感じにはなりましたね。まだまだこれからの馬だと思いますし、短距離界を引っ張っていけるように一緒に頑張っていきたいと思います。また応援よろしくお願いします」

2着 セイウンコウセイ
幸英明騎手
「いつもよりゲート速かったのですが、ハナまでは行かずに抑えました。抑えた時に若干のハミを噛んだので、その辺がもったいなかったです」

3着 ショウナンアンセム
藤岡康太騎手
「スムーズに回れました。最後詰めてくれてもうちょっとでした。着差が着差だけになんとかしたかったんです」

【マーチS】田辺「フワッとしていました」レース後 ジョッキーコメント

北村友一「イメージしていた競馬は出来ました」

4着 ダノンスマッシュ
北村友一騎手
「形としてイメージしてた競馬は出来ました。四コーナーも内を開けないで回りたかったです。内から少しづつ出てこられてしまい、もう少し綺麗に回りたかったですね。時計の早い中、それについていってしっかり脚は使ってくれてると思います」

5着 ティーハーフ
国分優作騎手
「良い手応えで、最後は突き抜けてくれるかという反応でした」

6着 レッツゴードンキ
岩田康誠騎手
「良い感じで回って来れましたが、坂のあたりで挟まれてブレーキを踏んだのが痛かった」

7着 デアレガーロ
池添謙一騎手
「直線は良い脚でした。内が有利な馬場でしたし外枠が厳しかったです。道中ロスのないように内に入っていったけど、あれ以上は入れませんでした。直線外しかなかったし良い脚は使ってくれて、G1でも十分やれる力はあると思います。枠のせいにはしてはいけないと思いますが…不完全燃焼です」

8着 ロジクライ
Cルメール騎手
「コーナーで接触があり、スムーズではなかったです」

10着 ラインスピリット
森一馬騎手
「馬は徐々に良くなっています。今日は相手が強かったです」

15着 モズスーパーフレア
武豊騎手
「スタートのタイミングは良かったけど、いつものダッシュがなかった。本来の走りではなかったです」

16着 ダイメイプリンセス
Mデムーロ騎手
「大外枠はきつかったですね」

17着 スノードラゴン
藤田菜七子騎手
「3コーナーでリズムを崩して危ない場面でした。少しかわいそうな競馬になってしました。乗せて戴いて関係者に感謝しています。これを生かして来週からも頑張りたいと思います」

レース結果、詳細は下記のとおり。

24日、中京競馬場で行われた11R・高松宮記念(G1・4歳上オープン・芝1200m)で3番人気、福永祐一騎乗、ミスターメロディ(牡4・栗東・藤原英昭)が快勝した。1/2馬身差の2着にセイウンコウセイ(牡6・美浦・上原博之)、3着にショウナンアンセム(牡6・美浦・田中剛)が入った。勝ちタイムは1:07.3(良)。

1番人気で北村友一騎乗、ダノンスマッシュ(牡4・栗東・安田隆行)は4着、2番人気で武豊騎乗、モズスーパーフレア(牝4・栗東・音無秀孝)は15着敗退。

ミスターメロディは芝1200m初挑戦

春のスプリント決戦は3連単449万円の大波乱となった。ミスターメロディは五分のスタートから好位で流れに乗ると、内でじっと我慢し脚を溜めた。直線入り口でバラけた馬群の隙間から抜け出して来ると、ラスト100mで抜け出し栄光のゴールに飛び込んだ。ミスターメロディ自身は芝のスプリント戦初挑戦だったが、難なく対応し能力の高さを見せた。2着に12番人気のセイウンコウセイ、3着に17番人気のショウナンアンセムが入り、3連単は449万7470円と波乱の決着となった。

ミスターメロディ 10戦4勝
(牡4・栗東・藤原英昭)
父:Scat Daddy
母:Trusty Lady
母父:Deputy Minister
馬主:グリーンフィールズ
生産者:Bell Tower Thoroughbreds

【全着順】
1着 ミスターメロディ
2着 セイウンコウセイ
3着 ショウナンアンセム
4着 ダノンスマッシュ
5着 ティーハーフ
6着 レッツゴードンキ
7着 デアレガーロ
8着 ロジクライ
9着 アレスバローズ
10着 ラインスピリット
11着 ダイメイフジ
12着 ペイシャフェリシタ
13着 ヒルノデイバロー
14着 ナックビーナス
15着 モズスーパーフレア
16着 ダイメイプリンセス
17着 スノードラゴン
18着 ラブカンプー

※主催者発表のものと照らし合わせください