24日、中山競馬場で行われた第4Rで、15番ウォルフズハウル号(藤岡佑介騎手)は、最後の直線コースで外側に斜行したため、7番エフェクトオン号(蛯名正義騎手)の進路が狭くなる事象が発生した。

この件について、藤岡佑介騎手は、3月30日(土)から4月7日(日)まで9日間の騎乗停止となった。

※JRA発表による

【高松宮記念】菜七子 2度目のG1挑戦は17着!道中は危ない場面も