映画『いなくなれ、群青』横浜流星 × 飯豊まりえで青春ミステリー小説実写映画化

写真拡大

河野裕の青春ミステリー小説『いなくなれ、群青』が、横浜流星×飯豊まりえを主演に迎え、実写映画化。2019年9月6日(金)より全国ロードショー。

「階段島」で起こる青春ミステリー

『いなくなれ、群青』は、第8回「大学読書人大賞」を受賞作し、「読書メーター読みたい本ランキング」第1位を獲得した話題の青春ミステリー小説。著者・河野裕が描くのは“どうしてやってきたのか誰も知らない”階段島を舞台にしたストーリー。主人公・七草がある日一人の少女・真辺由宇と出会うことで、新しい物語を刻んでいく。

横浜流星 × 飯豊まりえで実写映画化

主演は、横浜流星。ドラマ「初めて恋をした日に読む話」で注目を集めた若手俳優が、本作ではミステリアスな雰囲気を身にまとう「七草」というキャラクターを演じきる。

真辺由宇役には、『暗黒女子』『祈りの幕が下りる時』などの映画、ドラマに出演する飯豊まりえ。透明感溢れる演技で、真辺由宇をフレッシュに演じる。

監督は、カメラマン・映像監督としても活動している新鋭・柳明菜だ。

ストーリー

「階段島。僕たちはある日突然、この島にやってきた。どうして島にやってきたのかを知る人はいない。島の秘密なんてものを、解き明かしたいとは思わない。――この物語はどうしようもなく、彼女に出会った時から始まる」。

「僕たちは初めから、矛盾しているんだよ」悲観主義の七草と、理想主義の真辺由宇。根本から矛盾し合っている二人が、階段島で再会した。奇妙だけれど平和で安定した生活を送る住民たち。そんな彼らの日常は、真辺由宇の登場によって大きく動き始める。奇妙な島。連続落書き事件。そこに秘められた謎…。僕はどうして、ここにいるのか。彼女はなぜ、ここに来たのか。やがて明かされる真相は、僕らの青春に残酷な現実を突きつける。

【作品情報】

映画『いなくなれ、群青』
公開時期:2019年9月6日(金)
出演:横浜流星、飯豊まりえ、矢作穂香 、松岡広大、松本妃代、中村里帆 、 伊藤ゆみ 、片山萌美、君沢ユウキ、岩井拳士朗/黒羽麻璃央
監督:柳明菜
脚本:高野水登
音楽:神前暁
主題歌:Salyu「僕らの出会った場所」


[写真付きで読む]映画『いなくなれ、群青』横浜流星 × 飯豊まりえで青春ミステリー小説実写映画化

外部サイト

  • 【邦画編】19年映画の注目「ドラマ作品」を紹介、実話を基にした感動ストーリーなど
  • 映画『朝が来る』辻村深月の人気小説×河鹹照監督、異なる人生を歩む“2人の母”の物語
  • 映画『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』平野紫耀×橋本環奈が描く学園ラブコメディ