【今週の予想】

☆中京9R 大寒桜賞(芝2200m)

 このメンバーなら負けられないルヴォルグ。前走の東京スポーツ杯2歳S(GIII)は9着に敗れた。メンバーが揃っていたこともあるが、最大の敗因はスタートで大きく出遅れたため。それでも他馬に比べて緩さが目立つ馬体で、出遅れながらもメンバー中5位タイの上がりを使ってこれだけの競馬ができるのだから、完成したら楽しみな素質馬。まだ緩さはあるが、しっかりと立て直されてきたこともあり、このメンバーでは負けられない。

◎ルヴォルグ
○リオンリオン
▲ヒルノダカール
△₁ダノンバリアント
△₂クールウォーター

買い目
【馬単】4点
◎→○▲△₁△₂
【3連複1頭軸流し】6点
◎−○▲△₁△₂
【3連単フォーメーション】12点
◎→○▲△₁△₂→○▲△₁△₂

☆中京11R 高松宮記念(GI)(芝1200m)

 父譲りのスピードを武器に3連勝でGI制覇だ、ダノンスマッシュ。昨年NHKマイルC(GI)以降スプリント路線へ舵を切ると、4戦3勝2着1回とパーフェクト連対。父のようにがっちりとしたタイプではなく、パワーが必要な重い馬場より軽い馬場の方が合うため、敗れた1戦もパワーが必要な緩い馬場となったことがこたえたもの。軽い馬場で本馬の強さが際立ったのが前走のシルクロードS(GIII)。直線で進路が詰まりかけ、外へ出すロスがあったにもかかわらず、追われるとあっという間に加速して抜け出すと、最後は流す余裕すらある圧倒的な強さ。上がりはメンバー中3位であったが、本気で追われたのは僅かだから、瞬発力の凄さが良く分かる。追い切りの動きは非常に軽快で状態の良さが窺え、ここでGI初制覇を果たす可能は高いと見る。相手本線はミスターメロディ。前走は勝負どころで接触する不利もあり不完全燃焼に終わったが、NHKマイルCで4着があるように、GIで勝負できるだけの力があるのは明白。右回りよりも左回りの方がスッと加速出来ており、左回りに替わるのもプラスで、ここでも好勝負になるだろう。▲はモズスーパーフレア。以下、レッツゴードンキ、ナックビーナス、ティーハーフまで。

◎(13)ダノンスマッシュ
○(3)ミスターメロディ
▲(15)モズスーパーフレア
△(8)レッツゴードンキ
△(9)ナックビーナス
△(5)ティーハーフ

買い目
【馬単】6点
(13)→(3)(8)(9)(15)
(3)(15)→(13)
【3連複1頭軸流し】10点
(13)−(3)(5)(8)(9)(15)
【3連単フォーメーション】20点
(13)→(3)(8)(15)→(3)(5)(8)(9)(15)
(3)(15)→(13)→(3)(5)(8)(9)(15)

☆中山12R 4歳以上1000万下(ダート1200m)

 地方からの再転入後、4→3→2→1着と着実に順位を上げ、前走で中央初勝利を挙げたアストロローグ。その初勝利を挙げた前走だが、前半の3ハロンが34秒3というペースの中、5番手からの競馬をし、直線はしっかりと脚を伸ばして1着。2着馬とはクビ差であるが、ジョッキー曰く、先頭に立つと少し遊ぶような面があったとのこと。それも休み明けでの勝利で、今回は中1週ではあるが、ひと叩きされて状態はグッと上がってきており、昇級戦でも十分勝ち負けできる。

◎アストロローグ
○シアーライン
▲フェリーチェ
△₁アーバンイェーガー
△₂グッドヒューマー
△₃サリネロ

買い目
【馬単】6点
◎→○▲△₁△₂
○▲→◎
【3連複1頭軸流し】10点
◎−○▲△₁△₂△₃
【3連単フォーメーション】20点
◎→○▲△₁→○▲△₁△₂△₃
○▲→◎→○▲△₁△₂△₃

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。学生時代大井競馬場で開催された大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後北海道へ渡る。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙に入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで推奨した4頭で決まり、3連単100万越えあり。