MF堂安律(フローニンゲン)

写真拡大

 日本代表はキリンチャレンジカップ・コロンビア戦から一夜明けた23日、同ボリビア戦(26日、ノエスタ)に向けて始動した。横浜市内で行ったトレーニングには、左足の痛みを訴えたMF堂安律(フローニンゲン)が不参加。DF室屋成(FC東京)が左太もも打撲のため別メニューで調整した。

 堂安、室屋はコロンビア戦に先発出場。いずれも試合中の接触プレーで痛めたという。チームは23日午後、ボリビア戦が行われる神戸市内に移動するが、両選手ともに離脱の予定はなく、そのまま帯同する。

(取材・文 竹内達也)