A代表デビューを飾った日本代表FW鎌田大地(シントトロイデン)

写真拡大

[3.22 キリンチャレンジ杯 日本0-1コロンビア 日産ス]

 不慣れな位置でのA代表デビューだったが、たしかな手応えは残ったようだ。初招集の日本代表FW鎌田大地(シントトロイデン)はキリンチャレンジカップ・コロンビア戦のラスト約10分間、初めて国際Aマッチのピッチを経験。果敢な抜け出しは次々オフサイドに終わったが、得点の匂いは感じさせた。

 待望の出番は後半34分、試合途中から1トップに入っていたFW南野拓実(ザルツブルク)との交代だった。すでにMF香川真司(ベシクタシュ)、MF乾貴士(アラベス)も送り込まれており、チャンスメーカーの陣容は十分。求められるのは本職でない最前線の位置で、ゴールに直結するような仕事だった。

「1トップなのであまり下がりすぎるとFWが誰もいなくなるし、それは練習でも森保監督から言われていた。できるだけ前で頑張って張っておくのが大事だし、クロスの入り方では触るだけで点を取れる位置にいようと思っていた」。

 そんな思惑どおり、この日の鎌田はボールを引き出す動きが脅威となった。後半39分、MF小林祐希のスルーパスに反応すると、オフサイドにはなったもののGKと1対1の好機を創出。その後も相手ディフェンスが手薄な位置で何度もボールに絡み、終盤の攻勢の一翼を担っていた。

 試合後、鎌田は「点を取れたり、アシストができたら良かった」と課題を語った一方、「1トップは初めてでもボールを引き出せたし、何回かいい動き出しはできたので悪くないと思う」と手応えも指摘。若くして欧州へ旅立った22歳の台頭により、FW大迫勇也(ブレーメン)不在の1トップに新たなオプションが誕生した。

(取材・文 竹内達也)