持ち前のスピードを生かし、攻撃を牽引した前田。しっかりと結果を残し、存在感を示した。写真:佐藤博之

写真拡大

 3月22日、来年1月にタイで開催されるU-23アジア選手権の一次予選が開幕し、U-22日本代表対U-22マカオ代表の一戦が行なわれ、8−0で勝利を収めた。
 
 40度近い気温のミャンマーで開催されている今回の予選。U-22代表は森保一監督がA代表に帯同しているため、横内昭展コーチが監督代行として指揮を執る。そのなかでシステムは3−4−2−1を採用。スタメンはGKに小島亨介、最終ラインは右から大南拓磨、板倉滉、町田浩樹、ボランチには齊藤未月、松本泰志を起用した。ウイングバックは右に藤谷壮、遠藤渓太、シャドーは三好康児、岩崎悠人、1トップは前田大然。注目の久保建英はベンチスタートとなった。
 
 試合は序盤から日本のペース。松本と齊藤を軸に細かくパスをつなぎ、サイドからクロスを入れていく。常に敵陣でプレーし、ほとんどの時間帯で主導権を掌握。20分には左サイドを深く抉った遠藤の折り返しから、岩崎が頭で合わせるもバーに阻まれた。

 その後も一方的に攻め続けたが、なかなかゴールが生まれない。37分には前田の落としから岩崎が右足でシュートを放つも枠の外。38分にもペナルティエリア内で遠藤が決定機を迎えたが、GKの正面を付き、こぼれ球に反応した前田も決め切れなかった。

 0−0で迎えた後半、日本は齊藤を下げて上田綺世を投入。フォーメーションも3−5−2に変更し、松本をアンカーに置いて上田と前田の2トップでゴールを目指した。
 
 すると、51分だ。三好の左CKから町田がヘディングでネットを揺らした。さらに54分、前田が自慢のスピードを生かして右サイドを打開。グラウンダーのクロスを入れると、最後は上田が右足で豪快に蹴り込んで加点した。

 こうなると、日本の攻撃陣は止まらない。続く60分には三好の右クロスを上田が胸で受けると、右足で豪快なボレーを決めた。さらに、67分に遠藤、69分に前田が加点。そして70分に上田がハットトリック達成し、72分に前田がこの日2点目となるゴールを奪った。

 78分から登場した久保も持ち前の技巧を生かし、チャンスメイク。終了間際には久保の右CKから板倉がネットを揺らした。終わってみれば8得点の大勝で、U-22代表は初戦を飾った。

 第2戦は日本時間24日。17時30分からU-22東ティモール代表と対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部