毎週注目の新馬をピックアップしている当コラムだが、先週で2016年産の新馬戦は終了し、2017年産の新馬戦が始まるまでのしばしの間、当該週に出走予定の注目馬をピックアップしていく。

【今週の注目馬】

☆ゴルトマイスター

 2019年3月23日(土)中山第6R3歳500万下(ダート1800m)に出走予定のゴルトマイスター。昨年10月の新馬戦を快勝後、一息入れての出走となった前走。伸び上がるようなスタートとなり出遅れてしまうと、向正面中ほどから上がって行き、3,4コーナーでは先頭を射程圏内に入れる強気な競馬をしたが、直線で内の馬が外にヨレたあおりを食らって、更に外へ進路を取らざるを得ない不利。それでも最速の上がりを使って3着に入っており、力は見せた。一度使われて状態は確実に上がっており、今度こそ。

☆シトラスノート

 2019年3月23日(土)阪神第9R君子蘭賞(芝1800m)に出走予定のシトラスノート。昨年6月のデビューから初勝利を挙げたのは今年1月と時間を要したが、2戦目の勝ち馬は後にフィリーズレビュー(GII)を勝つプールヴィルで、3戦目の勝ち馬は後にチューリップ賞(GII)で2着となるシゲルピンクダイヤと相手も悪かった。初勝利を挙げた前走は、好スタートを切ると道中はかかり気味に進み、4コーナーでは早くも先頭に立つと、メンバー中2位の上がりを使って1着。道中かかり気味でこれだけの競馬ができるのだから、力を付けたということ。3着は後にフィリーズレビュー(GII)を勝つノーワンだから、メンバーレベルも決して低くはなかった。走りにも伸びが出てきて確かな成長を見せており、クラスが上がっても十分勝ち負けできるレベルにある。昇級初戦でも好勝負必至だろう。

※出走予定競走には、馬の体調等により出走しない場合があります。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜」も担当している。