2014年11月、代表初ゴールに喜ぶ乾。明日のコロンビア戦でも歓喜を呼び込むか。写真:早草紀子

写真拡大

 3月21日、日本代表MF乾貴士が自身のSNSを更新。明日金曜日に行なわれるキリンチャレンジカップ、コロンビア戦(神戸)を前に、代表初ゴール時の懐かしいショットを掲載した。

 乾は「6年前かな? 代表初ゴールの時の! いい写真やから載せてみました」との一文を添え、ゴール後に満面の笑みを浮かべている写真をアップ。傍らには祝福に駆け付けた“レジェンド”遠藤保仁の姿も映し出されている。

 時は2014年11月14日で、厳密に言えば4年4か月前。ハビエル・アギーレ政権下、キリンチャレンジカップのホンジュラス戦だ。後半スタートからピッチに登場した乾は47分、本田圭佑からのパスを中央できっちり合わせ、嬉しい代表初ゴールをマーク。初キャップからおよそ5年での待望の一発となった。乾はその後もう1得点を追加して、チームの6−0大勝に貢献している。

 
 投稿欄には写真を見たファンからのコメントが殺到。「凄くいい表情ですね」「いい写真だあ!乾さんいい表情ですね」「若いですね!」「この頃のユニフォームもかっこよかった。全然変わってない」「このステキな笑顔を明日も見せてください」「ほんといい写真」「乾選手若いっ!遠藤選手変わらないっ!」「最高のツーショット」と、さまざまな反応が寄せられている。

 これまで日本代表では34試合に出場して6得点を決めている乾。ロシア・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦、ベルギー戦のあの鮮烈弾以来、9か月ぶりの歓喜を呼び込めるか。コロンビア戦でのハイパフォーマンスに注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部