3月24日、中京競馬場ではGI高松宮記念(芝1200m)が行なわれる。

“芝短距離戦線”は、昨年の同レース勝ち馬でGIスプリンターズS(中山・芝1200m)も制し、「JRA賞最優秀短距離馬」に輝いたファインニードル、2016、2017年とスプリンターズSを連覇したレッドファルクスが相次いで引退。今年の高松宮記念には、2017年の同レース勝ち馬であるセイウンコウセイも出走を予定しているが、世代交代の様相を呈している。

 その中心になりそうなのが4歳の2頭だ。ダノンスマッシュ(牡4歳/栗東・安田隆行厩舎)はGIII京阪杯(京都・芝1200m)、GIIIシルクロードS(京都・芝1200m)を連勝して今レースに臨むが、この臨戦過程は父ロードカナロアが7年前に辿った道と同じ。父は1番人気に推されながら勝ち馬から0秒1差の3着に敗れているが、そんな父を超えられるかが注目される。


シルクロードSを制したダノンスマッシュ

 ダノンスマッシュのこの2戦は、京阪杯を1馬身3/4差、シルクロードSを1馬身1/4差と完勝。シルクロードSの勝ちタイム1分08秒3は、重賞レースで勝利を積み上げた父と同じという優秀なものだ。

 血統を見ると、父ロードカナロアは祖母がベルデイムSなど米GIを2勝した、米3歳牝馬チャンピオンであるサラトガデュー。一方で、ダノンスマッシュの祖母ハリウッドワイルドキャットも、BCディスタフなどGIを2勝した米3歳牝馬チャンピオンだ。父子ともに祖母が米3歳牝馬チャンピオンという血統背景も共通している。

 ダノンスマッシュは父より3戦多くレースを消化しているが、これは父を超えるためのプラスポイントになり得ると見ている。ただキャリアが多いだけではなく、ダノンスマッシュは父が4歳春時点で未経験だったGIレースに2回出走している。

 2017年の朝日杯フューチュリティS(阪神・芝1600m)で5着、2018年のNHKマイルC(東京・芝1600m)で7着と、ともに距離が長かったこともあって着外に敗れている。しかし大舞台を走った経験は、GIレース独特の雰囲気に適応できるようになるなど、後に生きることが多い。それゆえ、高松宮記念における”父超え”は十分に可能性があるだろう。

 もう1頭の注目の4歳馬は、牝馬のモズスーパーフレア(牝4歳/栗東・音無秀孝厩舎)だ。

 同馬は前走のGIIIオーシャンS(中山・芝1200m)で重賞初制覇を飾ってここに臨むが、そのレース内容がすばらしかった。前半3ハロン(600m)を32秒3というハイラップで逃げ、そのまま押し切ったのだ。過去に、それを超えるハイラップで逃げて重賞を勝った例はないことから、これがいかにすごいかわかるだろう。

 オープン特別のレースを制した2頭、2002年のオーシャンS(当時はオープン特別)勝ち馬のショウナンカンプ、1999年の北九州短距離S(小倉・芝1200m)勝ち馬のアグネスワールドは32秒3以内で走って逃げ切ったが、いずれも後にGIホースとなっている。

 特にショウナンカンプは、当時はオープン特別だったとはいえオーシャンSを逃げ切り、続く高松宮記念も勝っている。同じローテーションで臨むモズスーパーフレアにとっては心強いデータだ。ちなみに、ショウナンカンプのタイム(1分07秒3)より、モズスーパーフレアのタイム(1分07秒1)の方が勝ちタイムが速かった。

 モズスーパーフレアの父スペイツタウンは、米GI・BCスプリントの勝ち馬で、米国を中心に世界各国でGI馬を送る成功種牡馬。日本では本馬の他にもJpnI全日本2歳優駿(川崎・ダート1600m)の勝ち馬リエノテソーロ、ダート1400mの日本レコードホルダーであるマテラスカイなどを出し、芝、ダート問わず産駒にスピードを伝えている。また、今年のフェブラリーSを勝ったインティの父ケイムホームと同じ、ゴーンウエスト系でもある。

 これまでのパフォーマンスはもちろん、血統的に魅力的な4歳の2頭。どちらも新時代のスプリント界を担うであろう馬で甲乙つけがたく、2頭による一騎打ちというシーンも十分考えられる。逃げるモズスーパーフレアを、ダノンスマッシュがどこで捕まえにいくかという駆け引きも興味深く、非常に面白いレースになりそうだ。