虎のエースのノーコン病はどう直す?

写真拡大

 昨シーズンの順位を挽回するには、選手が不調のトンネルを抜け出せばよいのだが、そのためにはサポートするコーチの役割が重要だ。最下位からの復活を期す阪神では、矢野燿大・新監督(50)の手腕に期待がかかる。脇を固めるのは、藤井彰人・バッテリーコーチ(42)、浜中治・打撃コーチ(40)、藤本敦士・内野守備走塁コーチ(41)、福原忍・投手コーチ(42)ら、矢野監督が二軍監督をしていた頃からのスタッフだ。

「気心の知れたコーチばかりなので情報交換がスムーズなうえ、責任の所在が明確だから機能しやすい」(評論家の山崎裕之氏)というとおり心強い面々だが、一方でこんな声も聞こえてきた。

「このままでは藤浪晋太郎(24)が一軍に戻って来られないのではないか」(阪神担当記者)

 2017年は3勝、昨年は5勝と不振に喘ぐ藤浪。最大の懸案は“イップス”とも指摘される極度のノーコンだ。

 3月12日の中日戦でも4回を投げて1失点ながら4四死球、2暴投の大荒れ。試合後、藤浪は2軍調整を志願した。

「右打者にぶつけられるのが怖い中日は、9人とも左打者で揃えた。藤浪はそれでもコントロールが定まりませんでした。復活のためには、もはや抜本的なテコ入れが必要です。チームの指導者でそれができるのは、現役時代から藤浪の兄貴分だった福原コーチだけだと思われていたんです。藤浪は150キロの速球を持ちながらコントロールの良かった福原コーチを尊敬していて、現役時代は“ワンバウンドのキャッチボール”など福原コーチに調整法を教わっていた。昨年二軍に落ちたときも二人三脚でフォーム改善に取り組んでいました。

 しかし福原コーチが一軍に昇格したことで、ファームの藤浪は頼れなくなる。福原コーチにとっても“涙の別れ”でしょう。なんとか自力で這い上がるしかない」(同前)

 阪神のファームで妙な注目を浴びているのが、新井良太・二軍打撃コーチ(35)だ。昨年、広島の3連覇を花道に引退し、今年から評論家になった新井貴浩氏(42)の弟である。

 昨季は二軍育成コーチだったが、今年から打撃コーチに。これが評論家や記者の間で話題になっているのだ。

「現役時代の新井良太は、なかなか打撃フォームが定まらなかった。最後はカクカクしたロボットのようなフォームになっていましたからね。一番キレイなのは、スイング後にバットを放り投げるところ(笑い)。口の悪いマスコミ連中は、“あのフォームを誰に伝授するのか”と興味津々です」(別の阪神担当記者)

 評論家として引っぱりだこの兄も驚くスラッガーを育てられるか。

※週刊ポスト2019年3月29日号