©テレビ朝日

写真拡大 (全3枚)

3月21日(木)に放送される『徹子の部屋』に、福岡・博多出身の武田鉄矢と、熊本出身のコロッケという九州が生んだ大物スターが揃って登場。

武田のモノマネをして早30年というコロッケが、本人の横で“武田の特徴”を爆笑解説する。

©テレビ朝日

実は2人の初対面は、コロッケが中学生、武田が20代半ばのときなのだそう。

当時芸能人の追っかけをしていたコロッケが、熊本でのコンサートを終えた武田にサインをねだりに行き…。

©テレビ朝日

また、「福岡」と「熊本」で方言や気質に違いがあるなど九州談議に花を咲かせる2人。「九州の女性は強い!」という話題から、2人がいかにモテなかったかということに話が及び大盛り上がりする。

そして、コロッケは黒柳徹子のリクエストに応え続々と最新モノマネを紹介するが、なんと武田が大物俳優たちのモノマネを披露する場面も!